カテゴリ:TVonair( 22 )

NHK みんなのうた 『空へ』

付けっぱなしのTVから「みんなのうた」のオープニングが聞こえてきた。
時々ひじょーにツボることのある「みんなのうた」は、特に気にして観ている訳ではないのだけれど、流れてれば必ず観てしまう。
で、今日も観た。
『空へ』(内容はNHK公式サイトの解説へ)
それほど歌が気に入った訳でもアニメーションが気に入った訳でもないのだが、キャラクターが妙に気になる。
オコジョとイルカがメインキャラなんだが、イルカのアホのほほんさ加減が素敵だ。
クリエイターはホッチカズヒロ氏、こちらに『空へ』の本編画像やキャラクター一覧などが。
[PR]
by radwynn | 2005-10-11 13:52 | TVonair

『ユアン・マクレガー 大陸横断 バイクの旅』

っていうかしょーもないタイトルつけやがってぇ!!!!がっでーむ!!!
Shit!Fuck!Bollocks!

…放送に一部お見苦しい点がございましたことをお詫びいたします…

えー。
どっちにしたって私ゃ観れんのだが。
WOWOWで、以前紹介しました『Long Way Round』を放送するそうなんですわ!
で、その邦題が、↑。
もーちょっと考えろよーーーーーー!

しかし、実際のところ、字幕が入るわけだろうから、それは喉から手が出るほど欲しかったりするんですが…
ううむ。

WOWOW『ユアン・マクレガー 大陸横断 バイクの旅』
[PR]
by radwynn | 2005-10-06 15:28 | TVonair

ぐぁぁ…ハイビジョンかよ!

どなたか!どなたか、NHK・BShiを録画できる方はいらっしゃらぬか!なにとぞ!なにとぞッ…あっ、待てよ録画してもらってもうちのテレビじゃ結局観れないのか!(ガクリ)
うわーん、なんでだよう、なんでBS1とか2じゃなくてわざわざhiで再放送するんだよ~ぅ(泣)

『アヴァロンの霧』BShiで再放送決定!

…トニーさんがウーサー王の側近で登場してます。
アメリカのTVドラマで、女性の視点から見たアーサー王物語、というなんだかちょっととんでもない設定ですが。…前回BS1で放送した時見事に見逃しました…
これのトニーさん、観たい…
(…『13ウォーリア―ズ』のウェスや『グラディエーター』のアサシンとかとどう違うっての)
(だってウーサーの側近!なのよー)
(衣装見る限りじゃ一緒じゃん)
(…まあな。それを言うなら『ベオウルフ&グレンデル』のホンドシオーも。)

ううむ。困った。
北米版DVDが存在してるのは判ってるんだ…判っているんだが…あうう、コレまで手を出すのはちょっと…
ストーリィ的に今ひとつピンと来ないしなあ…
ううむ…
[PR]
by radwynn | 2005-09-21 10:05 | TVonair

むちゃくちゃ悔しい。

本日、Wowowで、『SAS英国特殊部隊』の、シリーズ1・3作一挙放映でした。
シリーズ1。トニーさんが出演しているシリーズですよーーーーー!!!
うわーん悔しいぃー!うちWowow、今契約してないんですよーーーーー!
キシャー!(あ、ナズグル化した)
っくっそう、悔しいからTUTAYA行って借りてやるう!
と、残暑のアスファルトの上を近所のTUTAYAまで強行軍してきたのに。
…シリーズ3しか置いてなーーーい!…とりあえず4本借りてきたけど。
トニーさんが出演してるのはシリーズ2まで。だから4本借りたけど結局トニーさんは観れないのよーーー!
いや、作品自体好きだからいいけどさ。
って、シリーズ3の1作目観たら、トニーさんのキャラ、ピートの名前だけ出てきて、どうやら、シリーズ2までで主要キャラだったジェイミーとピートはイラクでの作戦中に殉職(戦死というべきか)したという設定になっていたよ…ジェイミー燃えてるし。ピート蜂の巣になってるし。(役者は違うようで、顔は見えないようにスカーフで隠されてたけど)
でもって作品の出来は流石はイギリスが作ったSASドラマ。むっちゃリアル。えげつないほどリアル。かっこいい、というより、恐い。
うわーん、観たいよう、トニーさんを見たいよう!ちょこっとだけネットの動画で見たところ、どうやらちょっと問題児っぽい設定らしい。ぎゃー、ツボすぎるー(笑)
…と錯乱の余り、某熱帯雨林で…(後は言わずとも悟ってくれ…)
うわーん、お財布が痛いよう(馬鹿)(キャンセルする気にはならんのか)(ならん!)
[PR]
by radwynn | 2005-09-19 18:48 | TVonair

もうひとりのガウディ

京都テレビって時々こういうの放送するんだよな。
何気なくTVつけたらやってた、『もうひとりのガウディ ~悲運の天才建築家ジュゼップ・マリア・ジュジョール~』

ガウディに見出され育てられた建築家ジュゼップ・マリア・ジュジョールについては、こちらのサイトさんに詳しく述べられています。
放送の内容は、こちらのサイトさんにあるジュジョールの作品の紹介とほぼ同じ感じでした。他に、ガウディとの共同制作のグエル公園やカサ・バトリョを取り上げていました。
[PR]
by radwynn | 2005-09-10 21:58 | TVonair

CMコレクション

おもしろいサイトを発見~。

Japander.com

日本で放映された、海外俳優さん出演TVコマーシャルの動画を集めたサイトさんです。
上部のA~Zのインデックスにカーソルを持っていくと俳優さんの一覧が。
因みに今お気に入りのユアンちゃんのを観てみたら…
英会話のイーオンのと、コーヒーのがありました。あと、ジーンズのも。
ジーンズのは知らなかったなあ。コメントにもありますが、「トレインスポッティング」の頃に撮影されたものみたいです。ユアンちゃん若い細い(笑)髪型はトレスポじゃなくて「ベルベットゴールドマイン」のような。
イーオンのはいいですよー!
ユアンが「I Love You」「Oh My God」「Thank You」をいろんなシチュエーションで言うんだけど、ほんと、ユアンっていい役者だなー、って思いますよ~。特に「Oh My God」編のラストは秀逸。ほんとに映画のワンシーン。あ、花に水遣ってて雨が降ってきた、てシーンの眼鏡ッ子ユアンも可愛い。

因みに他の役者さん、誰のを観てみようかな~…、あ、アンソニー・ホプキンスさまがいらっしゃる♪って、なにげなーくクリックしたら、どどーんと、「エゴイストの資格」とかあおり文句のついた画面が。なんかもう、ひれ伏すしかないっす。
[PR]
by radwynn | 2005-08-01 23:01 | TVonair

「アフリカ ゼロ年」

なんとNHKが、ちゃんとスーダン・ダルフール問題を取り上げていたではないか。

NHKスペシャル
21世紀の潮流「アフリカ ゼロ年」4回シリーズ
第1回 ジェノサイドを止めるのは誰か


7月9日に放映されたものです。4回シリーズの最初に、スーダン・ダルフール問題を‘ジェノサイド’という単語を使って特集しています。

内容については、あむさんのブログTrace Am's Life to Success
大量虐殺(ジェノサイド) in スーダン
に詳しく取り上げられています。
[PR]
by radwynn | 2005-07-17 11:23 | TVonair

NHK BS 『FBI 失踪者を追え』

NHK BS 『FBI 失踪者を追え』
原題:"Without a Trace"

a0009319_233696.jpgENRIQUE MURCIANO
マイアミ警察からFBIに転向したダニー・テイラーを演じる。
吹替えでは小山力也が、彼のヒスパニック訛りを表すために関西弁を使っている。(が、びみょーに‘わざとらしい'関西弁になっているので関西人には逆に聞き辛い、ってのは内緒)
なんとなーく、ブノワ・マジメルに、似てる?ような気がする?ってことはトーマス・クレッチマンにも似てる?そんなことはないか。
うーん、静止画よりも動画のほうがいいなあ、こいつ。

いや、特に彼がお気に入りだとかそういうんではないんですよ。
ただ、本日放送の『月影のクレア』の彼はよかった。実によかった。
元々このドラマ、ジェリー・ブラッカイマーが製作総指揮に名前を連ねたりしてて、TVドラマとしてはかっちり作りこんであるんで、キャストがうんぬんとか言うよりも純粋に刑事ドラマ(まあFBIだから刑事とは違うんだが)として面白いなあと思って見てたんですが。(ブラッカイマーは変に欲かいて大スケールの映画作るよりもこのくらいのバディorチームもののほうが向いてるんじゃ…?)
今回はじめて、キャストの演技にちょっと揺らいだ(笑)。
泣きの演技のいい俳優っていいよねー。またその‘泣き’の撮り方が私好みだったんだよー。
つか、このダニーってやつ、いっつも関西弁でへらへらしてて、女好きで軽い、ってイメージだったんだけど(でも捜査になるとそのタフさと集中力は仲間も感心するほど、ってのがまあ、好感度ではあったんだが(笑))今回の『月影のクレア』では、同僚も知らない彼の抱える過去の心の傷が垣間見えちゃうというストーリィ展開で。
ラスト近くの、少女を説得する場面の彼の顔もなかなか良かったんだが。それ以上に、その直後のシーン。薄闇の中、川面を見つめるダニーの後姿。振り向くと、もう涙は流していないものの、明らかに、泣いた、と判るその目、その表情。
いつも1人でデスクワークの後処理をしている同僚のマーティンが、出勤して来たダニーを見て、多分、泣いてた、と気付く。一瞬、見詰め合う、でも、そのことは何も言わない、「コーヒー、いるか?」「ああ」
その後ダニーが写真を見詰めて、一瞬見せる涙を堪えるような表情、辛そうな、けれどどこか開放されたようなその表情。
なんやー、あんたこんな顔できるんやんー!…こういうのね、ベタベタなんやけどツボかも(笑)
[PR]
by radwynn | 2005-07-13 22:56 | TVonair

NHK BS「バグダッド撤退 アーカンソー州兵 任務終了」

アメリカ南部アーカンソー州から派兵された州兵が、1年半の任務を終えて帰還する様子を取材したドキュメンタリー。
詳細はこちら

いつだって兵隊さんが一番辛い。
メインで取材してるのは、高校を卒業したばかりの若い兵士。普段の喋りには全ての単語にFワードが付くような、青年への端境期にある少年。

何が衝撃的って…
撤退の1ヶ月前に、選挙の治安維持任務に当たるんだけど、その時に仲間の1人が狙撃されて死ぬんだよね。いや、それも酷い話には違いないんだが、そのことじゃない。
それよりも、その時に彼らが涙を見せないことのほうが辛い。戦場にいる兵士にとっては死は隣にあって当然のもので、誰かの死に涙を流すような心理状態じゃないんだ、ってこと。それが、プロの戦闘員ではなく、徴兵された州兵、あまつさえ彼のような若い兵隊でさえもそういう心理状態にあるんだ、ということの怖さ。
そして、故郷に帰って死んだ友の墓の前で、ぽろぽろと涙を零す彼ら。やっと人間に戻れて、感情を取り戻したんだな、っていう、そのことに、胸が締め付けられた。

勲章を貰った上官の「かつては(勲章を)欲しいと思ったこともあった。…だが今はこんなものより仲間を返してくれ、と言いたい」って言葉が耳に残る。

そうそう、これも耳に残った一言なんだけど、狙撃直後に自分も銃を構えて警戒している兵士(おそらく上官の1人)が言った言葉で、「おそらくプロを雇っているんだろう、チェチェンあたりの。彼はたった1発の非常に正確な射撃で即死だった」、この、「非常に正確な射撃」、実際には、「very good shot」って言ってるの。仲間の命を奪った銃弾について、goodっていう単語を使うのが驚きだった。やはり戦場では、たとえ敵であれ、正確な射撃は「good」なんだなあ…
[PR]
by radwynn | 2005-07-13 11:23 | TVonair

スターウォーズ!

新3部作(EP1~EP3)以降、旧3部作はEP4~EP6、ってことになるわけですが、やっぱり私にとって『スターウォーズ』ってーと、コレ(EP4)なわけですよ。
今観るとほんっとちゃっちー!(笑)
なのになんなんだこの存在感は。
模型のディティールとか画面のアングルとかにめちゃめちゃこだわってるから、とかいう技術面のお話よりもむしろ「わ~い僕らのスターウォーズだぜ~ぃ!」っていう、その感覚が画面からにじみ出てる感じ。
しかしあれですな、やっぱり、EP1、EP2、そしてEP3の予告を観た今になって観直すと、いろんな台詞の端々でぐっと来るものがありますな~。
オビ=ワンの名、とか、父の話、とかねー。
でもってやっぱりダース・ベイダー卿ご登場シーンは拍手してしまいました(笑)シュー、コー…(ぜってー真似したことあるでしょあの呼吸音)
いやーレイア姫はほんと不細工…ゲホゴホ、活発なお嬢さんでいらっしゃいますなあ。ルークよりよっぽど父の血を受け継いでるよなあ。ハン・ソロも大変だな。
ところでSWをまったく観たことが無いというレッドブックに登録できそうな相方が、昨夜初めてSWを体験したんですが、C3-POを見て「他人とは思えない」といたく感情移入して鑑賞しておりました…ほんとに似てるんだよ動きとか(笑)
[PR]
by radwynn | 2005-07-04 10:20 | TVonair