カテゴリ:Movie-Beowulf-( 7 )

THE WORLD PREMIERE OF BEOWULF & GRENDEL

『BEOWULF & GRENDEL』公式サイトにワールドプレミアのアナウンスがUPされました。
‘BEOWULF & GRENDELのワールドプレミアは、9月のトロント・国際フィルムフェスティヴァル’とのこと。
やや詳しい内容がnewsのコーナーに。
WORLD PREMIERE
Toronto, August 2nd, 2005
BEOWULF & GRENDEL at the 2005 TIFF
The Toronto International Film Festival announced today that BEOWULF & GRENDEL will be a part of their SPECIAL PRESENTATIONS program this year.
The festival takes place September 8-17, 2005
Click HERE to read the TIFF press release.
因みに去年のTIFFのSPECIAL PRESENTATIONSには『ホテル ルワンダ』も。なんかえらく雰囲気違うなあ。偏ってない、っていうことなのか。

あ、それから、公式サイトのギャラリーから画像がごっそり減っている件ですが、今日気が付いたんですが、パスワード付きのギャラリーが新設されてますね。
左のメニューの、「GEATLAND」「DANELAND」がそれです。ユーザーネームとパスワードが必要なんですが、「GEATLAND」のはジェリーかトニーさんの(非公式ファンサイトだけど機能的には既に公式と同等、ってことでほぼ公認されてる)公式サイト、「DANELAND」のはステランさんの公式サイトに隠されています(ってほどのことじゃないけど)ので、各公式サイトを訪ねてみてください♪
「GEATLAND」にはジェリーの、「DANELAND」にはステランさんのスチル画像が数点。なかなかいいっすよ♪…で、トニーさんのは?!なんでないの?わざわざトニーさんちにあった名前とパスで入ったのにぃ~
[PR]
by radwynn | 2005-08-03 09:38 | Movie-Beowulf-

『Beowulf & Grendel』ワールドプレミア

『Beowulf & Grendel』公式サイトのTOPページに、ワールドプレミアの情報が記載されてます。8月2日に詳細発表のようです。

ところで、公式サイト、ギャラリーの画像は大幅に削除されてるし、メイキングのインタヴューページも、アクセスできなくなってますよね?
やっぱり映画の公開が近づいてるからですよねえ。
残念だなあ、あの野放図な雰囲気のまんま、映画公開、だったら、すっごく好感持てたのになあ(笑)まあ、他の映画の公式サイトに比べたら、今でも充分、「めちゃめちゃ手作り感」溢れてますけどね(笑)
[PR]
by radwynn | 2005-07-28 15:19 | Movie-Beowulf-

Gerard Butler Interview (『Beowulf & Grendel』)

その1.(その2以降があるかどうかは不明)

『Beowulf & Grendel』公式サイトのMAKING OFコーナーにあるジェリーのインタヴューの意訳(いい加減訳、の意味ですが)です。
例によって彼の訛りはどうしても関西弁で表現したい私です…ご了承ください。
あんまりにも判らんかったところは英国人に聞いたんですが、彼、南部のケントの人なんで(笑)「難しい~」言うてました(笑)
ってことで、「ここはちゃうやろー」なところがありましたら、ご教授くださいませ。
しかしほんまよう喋るなジェリー。切れ目なく延々…思いついたことどんどん喋る喋る…「ほんまおもろい奴っちゃで」ってそれはあんたや!(お約束ツッコミ)

っていうか…ちょっとジェリー!君、トニーさんと親友やて?!初耳やわ!
んでもって、ユース・シアターで「オリバー」演った、って…それってビリーさんも出てた奴?!もしかして?!歳おんなじやもんなあんあたら…あ、ちゃうか、ビリーさんとトニーさんが同い歳でジェリーがひとつ下か…
ううむ、「オリバー」といい「トレインスポッティング」(舞台版)といい、ビリーさんと被ってるなあ…

インタヴュー訳はこちら♪
[PR]
by radwynn | 2005-05-30 17:51 | Movie-Beowulf-

ジェリー君 as ベオウルフ

a0009319_10541894.jpg『Beowulf&Grendel』の公式サイト行ったらTOP画像が変わってた。
…って、え?あれ?ジェリー君?…えーと、あれー?
かなり、似合ってると思うよ、うん、今までで一番似合ってるんでない?っていうか、あれー、ジェリー君なのに!(笑)
私はほんとにファンか(笑)
しょうがないよね、こういう愛の形なんだから(笑)
でもねえ、どうもジェリー君のファンは、そういうタイプの人が多いみたいでね。
←こんななのに、ファンの書き込みに「おうちに連れて帰りた〜い♪」みたいなのがあった(笑)。ペットショップの子犬じゃないんだから。
…まあ、そんなようなもんか。
今度、犬飼ったら名前はジェリーにしよう。「ジェリー!ハウス!」って言いたいから(笑)
なんかこの画像、妙に美人さんだなあ。ロースガールの館にて、ってファイル名だったんで、宴会シーンかな?
もちょっと戦士らしい画像もあったんでまた拾ってこよう。
鎧兜で騎馬、ってのがあったはずだ。
風に向かって立ってるのももうちょっと戦士らしかったな。
…うーん、公式TOP画像、前の方が好みだったかな…(‘戦士’の方が好きらしい)
ジェリー君って、意識して格好つけるとだめなんだよねぇ(笑)本人が自覚して無いか素ならいいのになあ。
[PR]
by radwynn | 2004-11-08 10:35 | Movie-Beowulf-

あ…判っちゃった…

『Beowulf & Grendel』画像
『Beowulf & Grendel』でトニー・カランさんの演じるHONDSCIOH。
読み方判らんかったんですが判りました。ホンドシオーホ、もしくはオンドシオー。
ステランさんの役HROTHGARもそうだけど、Hを発音しない原語読みに近い表記だと、HROTHGAR→ロースガール、Hを入れて表記すると、HROTHGAR→フロースガール。
なのでHONDSCIOHも、H抜きだとオンドシオー、H入りだとホンドシオーホ。
いや、実はローズマリ・サトクリフの『ベーオウルフ』、AMAZONで買っちゃいましてね。読んだんですよ。
そーすっとね。トニー・カランさん演じるオンドシオー。
ベオウルフに付き従ってヘオロット(牡鹿館)へやって来る15人の‘剣の兄弟(はらから)’の1人で(以下ネタばれ、反転してどーぞ)彼だけが魔獣グリンデルに喰われて死ぬんである。あうー(泣)

あ、ところでベオウルフの衣装が『13ウォーリアーズ』に似てる、とか言いましたけど、良く考えると(っていうか‘よく’考えなくても)『13ウォーリアーズ』って元ネタ、ベオウルフだったんですよね。15人にせずに13人にしたのは登場人物多過ぎると収集つかないからでしょうか。って2人減ったくらいでかわんないよ!
[PR]
by radwynn | 2004-10-25 21:27 | Movie-Beowulf-

『Beowulf & Grendel』画像

ベオウルフ!!!
a0009319_1019397.jpg
公式サイトに入ると表示される画像です。
中央で抜刀しているのがベオウルフ(ジェラルド・バトラー)、なかなかいいじゃないの。って金髪ー!?まあ、北欧神話だからなあ…うん…まあ、似合わん事もない…かもしれない…いや、うん、コリンちゃんの金髪(@『アレキサンダー』)よりは全然ましだ、うん。

a0009319_10193212.jpgBEOWULF ベオウルフ(ジェラルド・バトラー)
こっちだと金髪もそれほど違和感ないなあ。
毛皮にくるまってるのが北欧っぽくていいですねー。
a0009319_10201739.jpgトニー・カランさんですよー(笑)
なんかこうして見ると、トニーさんとジェリー君、ちょっと似てる?!やっぱりグラスヴェジアンだなあ(笑)
トニーさんは赤毛のまんまですねー、こういう髪型似合うねー。
HONDSCIOH …トニーさんの演じる役、判らん…っていうかどー読むんだこれ。
a0009319_10204357.jpgステラン・スカルスゲールドさん!
渋いっ!渋過ぎるっ!惚れるよなあ、この佇まい。何処をどう撮っても北欧の戦士の首領、になるなあ。
HROTHGAR ロースガール、デーンの国シルディング族の長、ヘオロット(牡鹿館)の主君。
ところで公式サイトのギャラリーって、各画像にコメント付けれるんですが、このステランさんの画像のコメントに「なんでこんなニンジンみたいな赤毛?!」って(笑)またその返事に「なんで?自然じゃない?うちの娘の髪ってこんな色よ?」とかあって(笑)そーかー、ステランさん、どなたか知らんがの娘さんとおそろの髪色かーなどと感慨深かったり(なんじゃそりゃ)。

って、ここまで並べて気が付いたんですが。
『13ウォーリアーズ』?!
…うん、北欧だしな。確かに似てる。それは否めない。
でもこれは「ベオウルフ」なんだー!
[PR]
by radwynn | 2004-10-19 10:09 | Movie-Beowulf-

ベオウルフ!!!

a0009319_22102142.jpgなんやとコラァ!聞いてないぞそんな話ー!
ベオウルフが映画化されると知って思わず漏らした第一声はこんな感じでした。
だってーだってーだってー、誰がベオウルフだと思うよ?!ジェリー君よ、ジェリー君!!よりによってジェリー君!
しかもトニー・カランさんも出演。
えー!しかもなんですとー!『キング・アーサー』でセルディク父ちゃんを演じたステラン・スカルスゲールドさんもー?!
ぎゃー!観ろ、ってことね、観ろ、ってことなのね私に!
…気を取り直して…
ベオウルフ、っていうと、クリス・ランバートさん主演の近未来SF『ベオウルフ』ってのがありましたが、今回は完全なコスチューム・プレイで、古典叙事詩の物語をかなり忠実に再現したものになるようです。原題にあるGrendelは、ベオウルフが最初に退治する怪物の名前。
公式サイトを見る限りかなり力入れて作成してるみたいです。コスチュームとかもいい感じ。ロケ地はアイスランドのようです。

公式サイト→Beowulf & Grendel

叙事詩ベオウルフに関してはこちらのサイトさんに詳しい解説が。コンテンツ中の「ベーオウルフを語る」を読むと、なんとなーくジェリー君がベオウルフなのが納得出来たような気がする(笑)。

あ、Beowulfをベーオウルフとするかベオウルフとするか、なんですが、なんとなく昔からベオウルフ、って言い慣れてるので、今のところこっちで。

関連ブログ
「ベオウルフ&グレンデル」 オフィシャル・サイト
[PR]
by radwynn | 2004-10-18 22:10 | Movie-Beowulf-