カテゴリ:Movie-Batman-( 16 )

Batman各都市別ポスター

Excite エキサイト : 「バットマン」8都市舞台にポスター制作
米国以外の海外に向けたPR用のポスターで、東京、大阪、パリ、ロンドン、リオデジャネイロ、メキシコ市、シドニー、香港がそれぞれ舞台になり、エッフェル塔、東京タワーなど象徴的建造物にコウモリが襲来するというデザインなんだそうです。
東京→東京タワー、パリ→エッフェル塔、なのはひじょーに良く判るんだが…そうなると、あれか、大阪は通天閣に蝙蝠が?!…あかんやろそれはお笑いにしかならんやろ!つーか、なんで京都じゃないの?東寺の五重の塔に蝙蝠来襲!…あ、あかん、‘陰陽師’の世界にしかならんかった…
他の都市ではどこになるんでしょうな、ロンドンはビッグ・ベンですかね?それともロンドンアイ?象徴的っていうことになるとやっぱりビッグ・ベンですかね。リオだと、あの山の上のキリスト像ですか。シドニー…オペラハウス?香港は?香港島の高層ビル群だろうか。メキシコシティは?全部見てみたいなあ。
JRや地下鉄の主要駅で掲載予定(東京は6月10日、大阪は同7日から)だそうです。うーん、JRも地下鉄も普段はあんまり使わないなあ…
[PR]
by radwynn | 2005-05-27 20:56 | Movie-Batman-

『BATMAN BEGINS』新トレイラー

公式サイト‘TRAILERS’の‘TRAILER’の方が、今週月曜から公開になった新トレイラーです。(って情報遅ぇよ)(ごめん)

いやー、香ばしい香りがそこはかとなく満載!いい感じに私好みっぽい!
忍者だ忍者!めちゃかっこいい!なんでそんなコスチュームでかっこいいんだお坊っちゃま!つか師匠!素敵!突然にびみょーな色合いのスーツに着替えちゃうのは何でですかやっぱ忍者は嫌だったんですかリーアムさん。
何処でどういう修行してるんだお坊っちゃま、そりゃあれか、下は泉になってて落ちたらパンダになったり娘になったりするあれですか!?
蝙蝠コスチュームはアルフレッドが作ってくれたんじゃなかったんですか、自分の手作りだったんですかお坊っちゃま。(「手が荒れるので。」byアルフレッド@ケイン様)(そりゃ仕方ないわな、自分で作らな)
でもってトドメの「Here...」…ギャー、エロい!エロ過ぎるよその声!ヤバいよ、お坊っちゃまー!
しかしなんですな、どうしてこう、今回の映画は危なっかしさが漂ってるんでしょうなあ…あれですか、これは偏にイギリス俳優の醸し出す‘何か’の所為なんでしょうか、それとも私の脳味噌が腐っている所為なんでしょうか。
…しかし今度ばかりは私達の脳味噌の所為とばかりは言えないと思うんですよ…ってかむしろ私、挑戦を受けてるんじゃ?!教えてノーランさん。貴方はいったい何を考えてらっしゃるの?!
[PR]
by radwynn | 2004-12-18 18:12 | Movie-Batman-

『BATMAN BEGINS』公式ポスター!

BEHOLD!
 

かつて此れ程までに静謐な‘アメコミ’のポスターが在っただろうか!
神話をモチーフにした絵画か宗教画のような構図と配色。さしずめ『神々の黄昏』と『荒地の救世主』(もしくは『救世主の試練』:荒野で黙想する救世主に悪魔が近付き甘言を弄して堕落させようと企む)か。
…って、なんでヒーローが俯き加減で‘黄昏れ’てたり‘試練’受けたりしてるのか、って話は、まあ、「バッティ(※バットマンの愛称。主に親愛の情を込めて古株のヴィラン達からそう呼ばれる)だからさ」(by赤い彗星)ということなのか…
大丈夫かブルース坊ちゃま!今から公開が心配だ!(注:愛です愛!ほんとに好きなんですってば)
[PR]
by radwynn | 2004-12-11 11:45 | Movie-Batman-

『バットマン・ビギンズ』の傍役達

『バットマン・ビギンズ』…

傍役っていうかなんかむちゃくちゃ豪華絢爛ですが。(私的に)

a0009319_21171139.jpgレイチェル・ドーズ
(ケイティ・ホームズ)
ブルース・ウェインの幼馴染み。
この映画においてはものすごく貴重な女性キャラと思われる。だってメインで女性って、母上と彼女だけだよ。しかし、原作には彼女の名前は無いようなので、映画『バットマン・ビギンズ』オリジナルキャラなのかしら。

a0009319_21183737.jpgリチャード・アール
(ルトガー・ハウアー)
ブルースの父・故トーマス・ウェインの親友にして同僚、現ウェイン・インダストリーズ取締役会長。このキャラクターもどうやら映画オリジナル。
何か企んでます!ぜってー企んでます、この顔!もー、こんな人があんなお父様の‘同僚’ですよ!?あまつさえ‘親友’ですよ!?いったい私どうしたら(どうもしなくていいです)っていうか背広!スーツ!ルトガーさんのエグゼクティブ!素敵ー!

a0009319_21185896.jpgルシウス・フォックス
(モーガン・フリーマン)
ウェイン・コーポレーション最高経営責任者。ブルースも信頼を寄せる良き友人。
原作ではそれほど大きな役では無いルシウス・フォックスにモーガン・フリーマン!?しかもルトガー・ハウアー演じる取締役までオリジナルで登場してるってことはウェイン・コーポレーションを廻ってなんか暗躍とかそーゆうのがあるの?

a0009319_21191521.jpgアンリ・デュカール
(リーアム・ニーソン)
ブルースの師となるフランス人探偵。
…そっかぁ、リーアムさんがクリスちゃん@ブルースぼっちゃまをしごくんだー。(びみょーにニュアンスがえっちい気がしてしまうのは私の脳味噌が腐っている所為ですね、ハイ)
リーアムさん最初はラース・アル・グール役って話があったそうですね。結局、このキャスティングに落ち着いたってことで。うん、私はこっちの方が良かったと思う。


とうことで、結局、主要キャストの中にはアメリカの俳優さんはモーガン・フリーマン只独り、ということですね。いいのかこれで、‘アメコミ’バットマン。いや私はごっつ嬉しいけどな。
[PR]
by radwynn | 2004-11-19 21:15 | Movie-Batman-

『バットマン・ビギンズ』のヴィラン達

『バットマン・ビギンズ』…

a0009319_1142273.jpgラース・アル・グール
(渡辺謙)
「影の同盟」の首領、国籍も年齢も不詳。
「影の同盟」ってのはまあ平たく言えば過激なグリーンピース、みたいな団体。一概に「悪」に分類出来ないところがややこしい、っていうかバットマンらしい悪役。
コミックだともうちょっと‘古武士’っぽいんですが、この画像だとなんか坊さんっぽいですね。他の画像でちらっと見たのは、忍者戦隊ナントカレンジャーみたいな衣装だった。…日本人で悪役→忍者、はもう払拭出来ないんですかねえ…

a0009319_1143389.jpgジョナサン・クレィン/スケアクロウ
(キリアン・マーフィ)
元心理学者。恐怖の研究に没頭するうちに、他人の恐怖をコレクションする悦びに堕ちる。カカシの衣装を纏い、恐怖の幻影を見せる神経ガスを使う。スケアクロウのイメージ画像もちらほらネットに出回ってますがまだ本決まりじゃなくてシークレットらしい。ちらっと見たけど、めちゃめちゃ怖かった(汗)それこそ悪夢見そう。カカシっていうよりエルム街のフレディっぽかった。
ところでキリアン君!ちょっとなにこの色っぽいメガネ顔は!君ってこんなだったっけ?!うーん、アイリッシュも侮れない…(そんなんばっかり)

a0009319_11432344.jpgカーマイン・ファルコーネ
(トム・ウィルキンソン)
ブルース坊っちゃまがバットマンになる‘トラウマ’を彼の幼い心に焼き付けた、あの事件の首謀者とされるマフィアのドン。
まだ画像は公開されてないみたいだけどジョー・チルのキャストもちゃんと名前が上がってるし、お父様のお友達で同僚で、とかいう怪し気なキャラも映画では登場するみたいだし、その辺の昼メロドラマが展開されるのかしら♪
しかし今回のメンバーに囲まれるとトム・ウィルキンソンさん、マフィアのドン、というよりは近所の頑固爺さん、に見えるんですが…


と、ここまでキャストを紹介しても、まだアメリカ俳優さんが見当たりません(笑)
変なハリウッド映画(笑)
[PR]
by radwynn | 2004-10-30 11:40 | Movie-Batman-

『バットマン・ビギンズ』…

a0009319_0572562.jpg

2005年夏、日本公開予定
監督:クリストファー・ノーラン(『メメント』)
主演:クリスチャン・ベール
SF Movie DataBank:バットマン・ビギンズ

主演のクリスチャン・ベールをはじめ主要なキャストがイギリス俳優で埋まってるっていう、ある種特異な「アメコミ」映画。
でも‘バットマン’って、ノー天気なヒーローの多いアメコミ界に於いては異質の苦悩するヒーロー、ってか、ぶっちゃけボーダーなお方なんで、どっちかっていうと、ジョージ・クルーニーさんよりかクリスちゃんの方が似合ってる、って思う。

a0009319_192852.jpgブルース・ウェイン
(クリスチャン・ベール)
己の中の闇と対峙し苦悩する主人公。
似合い過ぎ。
しかしなんかこう一生懸命なわりにおぼつかないっていうかなんというか一抹の不安というかなんというか…でも私達見守るしかないらしい、です、クリスちゃん…
a0009319_19282193.jpgトーマス・ウェイン
(ライナス・ローチ)
‘ビギンズ’ということで御登場の、お父様!
誰がライナスさんなんか呼んで来たんだよ!大感謝だ!っていうかキャスティングディレクターは同志だとしか思えん。
因にお父様はこんなお顔ですが喧嘩上等なお方です。…だっ駄目だ、堪らん…
も一つ因に、ウェイン家のルーツはスコットランドです。…悶絶…
a0009319_19283419.jpgアルフレッド・ペニィワース
(マイケル・ケイン)
そのお父上がイギリスより呼び寄せたウェイン家の超有能な執事。毒舌も超一流。
…こっ、こげな執事が↑あげな親子に心からお仕え申し上げてるウェイン家って…っ!ば、万歳(錯乱してます)
a0009319_19284833.jpgジェームズ・ゴードン
(ゲイリー・オールドマン)
おまけにゴッサムシティの警部がこれだ!
こんなゴードンが↑あんなバットマンに呼出しかけるのか!かけるのか!ぎゃー。(何)
彼のキャスティングは、聞いた時「え〜?!」って思ったのだけれど画像見て「えーっ!」。イメージぴったり過ぎ。吃驚。

ということで、全然別の意味でも烈しく気になる映画なのです、『バットマン・ビギンズ』。
[PR]
by radwynn | 2004-10-26 19:28 | Movie-Batman-