カテゴリ:Actor( 70 )

Tony in NIGHT STALKER

TCOさんのTOPページにアクセスするといきなし『NIGHT STALKER』の予告音声が流れます。びっくらこいただよ。
ABCのトレイラーが観れるのはこちら。(Flash7.0必要)
トニーさんが最初の方にチラッと写ります♪…恐ええけど。
多分トニーさんの台詞は
「All of those belong in the Hell we find a way...」
ではないかと。
ゆっくり持ち上げられるシルエットになったトニーさんの手が!綺麗!鎖付きなのがまたそそりますなぁ(だからそれは病気)
元ネタ、っていうか元祖『事件記者コルチャック』は、恐怖モノなんだけど語り口が何故かコメディちっくでそのユルさが面白味と恐怖の凄みを増していた、という評価があったりするんですが、今回のリメイクはそのへんをばっさり切り捨てて、X-FILEっぽくなってるみたいですね。
なんにしろスチュワート・タウンゼントなかなかいい感じだし。トニーさん恐いし。観たいよう(ムリ!)
[PR]
by radwynn | 2005-10-06 15:15 | Actor

いろいろと悔しい。

ABCで『Kolchack: The Night Stalker』やってるんだそうですよ。その昔放映された『事件記者コルチャック』のリメイクです。X-FILEの本家みたいな作品で、事件記者コルチャックが不可解な事件を追う、っていうストーリィ仕立てなんですが、このコルチャックがぶつぶつぼやきながらナレーションするのがなかなか味があった、という。
で、今回のリメイク。事件記者コルチャックにアイルランドの仔猫ちゃん=スチュワート・タウンゼント。…なんかいろいろ駆け巡った。
TONY CURRAN ONLINEさんの情報によると、10月6日放映のエピソード1の第2話「The Five People You Meet in Hell」に、トニーさんが出演しているそうです。
『事件記者コルチャック/ナイト・ストーカー』っていうだけでも観たいのに。スチュワート・タウンゼントがコルチャックって言われたらむっちゃ気になるってのに。その上トニーさんが出るですとーーーーー?!
…どうしてうちでABCが観れないんでしょう(泣)(←アメリカじゃないからです。あたりまえだ!)
IMDb:"Night Stalker" →Regular guestsページにトニーさんの名前あります。

そしてもうひとつ悔しいこと。
これは自分自身の能力が無いのが悔しいのですが。
以前、画像だけ紹介したトロントでの『ベオウルフ&グレンデル』プレミアのアフター・パーティでの、ジェリーとトニーさんのインタヴュー。
TONY CURRAN ONLINEさんで、音声を入手…したんですが…
…聞き取れねえーーーーー!(泣)
なんとなーく、こういうこと言ってるんじゃないかしらっていう雰囲気は把握できるんですが。他の人の発言はまだ聞き取れるのに、この2人の言ってることだけ、聞き取れない…っていうか何言ってるか判んねー!(泣)…くそう…なんとかしたい…

追記:
なんとなーく、幾つかの文章は聞き取れてきました…が…
あんたら何の話してんの?!どうもヘンなような気がする。ってのは、聞き間違えてるんでしょうなやっぱり…
[PR]
by radwynn | 2005-10-02 11:51 | Actor

ぎゃあ!

a0009319_0292822.jpg

そんな!そんなっっ… こ、こんな、こんな儚げなオーリック(ディケンズ『大いなる遺産』)なんてっ!
TONY CURRAN ONLINEさんにUPされてました、1999年イギリスTVドラマの『Great Expectations』 のワンシーンです。
ダメだ…これだからグラスヴェジアンって奴ぁ…

追記:
って、オーイ!これ主人公ピップ、ヨアンちゃんじゃないかぁ!(爆笑)(なんで笑う)(いや、つい…)
おまけにバーナード・ヒルさんも居るー!
み、観たい!観たすぎる!

追追記:
うわ、どうしよう、北米版DVD、熱帯雨林で買える(汗)
[PR]
by radwynn | 2005-09-28 00:34 | Actor

ちょっとした発見

というか、本人よりも出演映画が気になった(笑)
DVD2巻の後半のエピソード「Natural Selection」で、「着衣!」と言われて‘いきなりノーパンでズボンを穿いた’ルーク(違うだろ紹介のし方が)を演じた役者さん。
結構美形だったっすよね。いや、私の趣味じゃないんですが。私はミックの方が好みです。
いや、そーじゃなくて、何の話かって言うと。
ルークを演じたNeil Jacksonなんですが、『アレキサンダー』でコリン・ファレルと共演してるし、以前紹介したエロメガネ=キリアン君主演の『Breakfast on Pluto』にも出るらしい。
へー、じゃあこの『The Last Drop』ってのは?
って思ってぽちっとクリックしてみたら。
共演者に、なんか見慣れた苗字が。
Alexander Skarsgård
…Skarsgård?!
そんな苗字滅多にあるもんじゃなかろう!
と思ったらやっぱり!
ステランさんの息子さんじゃぁあーりませんか!
しかもミック・シャープを演じてたローレンス・フォックスも出てるし。
他にマイケル・マドセンとかショーン・パートウィとか渋どころが出てますな。
…全ッ然、この映画に関する情報は持ってないんですが、俄然観たくなってしまいました。…って、日本で観れるんか、これ…

アレクサンダー君のフォトは、お父様のステランさんの公式サイトStellan Skarsgård Onlineのフォトコーナーのお子さん達の写真のコーナーで御覧になれます。アレクサンダー君だけじゃなくて他のお子さんも。一番の期待株は末っ子のVALTER君かも(笑)
[PR]
by radwynn | 2005-09-27 11:54 | Actor

Odds & Ends Pics

a0009319_025340.jpg
アホたれ。

トニーさん画像探しててこんなん拾ぅてもーた。なにしてんねんそんなめちゃめちゃいい笑顔で。記念撮影の観光客か!ほんまにもうあんたって子は。

トニーさんはこちら
[PR]
by radwynn | 2005-09-24 00:27 | Actor

うわぁトニーさん可愛い…

ガ、ガフッ…(致命傷を喰らった模様)
日課のグラスヴェジアン・アクター・サイトめぐりしてて…
Tony Curran Onlineさん行ったら…
TOPのお知らせに、トニーさんの新しいフォトが。9/21付の記事で、アフター・パーティでのトニーさんの画像のようです。
攫って来ようかと思ったんですが、多分、ファンの方と思われる一般人(?)の方も一緒に写っている画像なんでちょっと躊躇。御覧になりたい方は是非Tony Curran Onlineさんまで。
画像は3枚。
左端:女性ファンと談笑中のトニーさん。髪型がむちゃ気に入った。こんな括り方してたんやー!しかし真中の女性がなかなか面白い。そんなお話に出てくるみたいな手の組み方でそんな視線でトニーさん見てるなんて(笑)気持ちはわかるがな。
中央:こ、このトニーさん、か、可愛すぎる!うわー、むっちゃ好み、惚れ直す!なんていうの、こういう帽子、ハンチングでもないし。ボネットに近い。こんなん似合うなんてー!いやー、いいわ、やっぱ。トニーさん好きだー。
右端:なんだろこの人、ファンなのかな、それともトニーさんの友人なのかな、もしかしたら映画のスタッフかな?とにかくなんかすごいインパクトだ(笑)トニーさんの指、綺麗ー♪指輪、似合ってるなあ。

まったく…これだからグラスヴェジアンって奴ぁ…(病膏肓に入る)
[PR]
by radwynn | 2005-09-23 00:10 | Actor

Tony Curran

filmography
ゴー・ナウ/Go Now (1995)
13ウォーリア―ズ/The 13th Warrior (1999)
グラディエーター/Gladiator (2000)
パール・ハーバー/Pearl Harbor (2001)
アヴァロンの霧/The Mists of Avalon (2001)…TVドラマ
ブレイド2/Blade II (2002)
SAS英国特殊部隊/Ultimate Force (2002)…TVドラマ
リーグ・オブ・レジェンド/The League of Extraordinary Gentlemen (2003)
フライト・オブ・フェニックス/Flight of the Phoenix (2004)
■ベオウルフ&グレンデル/Beowulf & Grendel (2005)
■アンダーワールド2/Underworld: Evolution (2006)

現在なんとか日本国内で観ることのできるもの、及び、観ることができるであろうと予想されるもののみのリストです。

Biography
[PR]
by radwynn | 2005-09-21 13:04 | Actor

Gerry & Tony

The Celtic Heats というジェリーファンサイトさんで、トロント映画祭の『ベオウルフ&グレンデル』プレミアの時の画像がUPされてました。
おそらくアフターパーティかと思われる雰囲気の画像で、ジェリーのインタヴューにトニーさんが乱入してるっぽい連続写真画像。
トニーさんタバコ吸ってるぅ、ギネスっぽいもの(はっきり判らないけど黒ビールに見える)呑んでるぅ、てか、ジェリーも呑んでるし、ってことは実はコーラか?(笑)

とりあえず画像羅列~
[PR]
by radwynn | 2005-09-18 18:14 | Actor

キャスティング難航中

TONYにも熱中してると言われてしまった『ピーター卿』シリーズのドリーム・キャスティングですが。
執事バンターと、親友パーカー警部は、なんとなーく、これかな、ってのが見つかったんですが。
執事バンター:ダニエル・ディ=ルイス(Daniel Day-Lewis)
パーカー警部:サミュエル・ウエスト(Samuel West) or ダニエル・クレイグ(Daniel Craig)
パーカー警部についてはまだ考え中。もうちょっとやわらかい&若い方がいいかも。これだとちょっと切れ者過ぎるかも。候補はダミアン・ルイス(Damian Lewis)。
それで、ですね。
ピーター卿が決まらないんよ~。思い入れがあり過ぎる分、どーしてもイメージが固まっちゃってて~。
私の頭の中では、ティム・ロスの若い頃、になっちゃってて、どうしても、今の俳優さんで思い浮かばないのよ…
『レザボア・ドッグス』の頃のティムで。
うーん、30代の俳優さんで、あの頃のティム・ロスのような雰囲気のある人って…居るのか?!
[PR]
by radwynn | 2005-09-17 21:35 | Actor

David McCallum

a0009319_22452059.jpgずいぶん古い話になりますが。
1960年代のTVドラマで一世を風靡した『0011 ナポレオン・ソロ』シリーズというのをご存知でしょうか。日本では71年まで放映され、その後もしばしば再放送されていたようです。
アメリカのTVドラマで、原題は「The Man from U.N.C.L.E.」(アンクルから来た男)。
邦題からもわかるとおり、007シリーズのパロディみたいな(っていうかパロディ)作品でしたが、物心ついたばかりの私は、スパイの活躍と妙なセンスに幼い胸を躍らせたものでした。
このころから私の脇役贔屓は始まっていたようで(三つ子の魂百までとはよく言ったもの)、作品中、最もお気に入りだったのは主役のナポレオン・ソロではなくて、その相棒の、イリヤ・クリヤキン(画像左端の金髪)(中央が主人公のナポレオン・ソロ)。ロシア系で空手の達人という設定で日本語吹替えは野沢那智でした。
でね。ほんとに、全く偶然に、さっき知ったんだけど。
このイリヤ・クリヤキンを演じたのは、ディヴィッド・マッカラム(David McCallum)という俳優さんだそうです。そして彼の出身地は。
イギリス・スコットランドは、グラスゴー。
…呪なのか?!何かの電波が何処から届いてるのか?!っていうかもう自分がちょっと信じられないというか信じられすぎるというか。
笑うしかない。

ウィキペディア(Wikipedia):デヴィッド・マッカラム(David McCallum)
[PR]
by radwynn | 2005-09-16 22:58 | Actor