カテゴリ:Diary( 118 )

移行作業、完了~

とりあえず、記事の移行とリンクの作成が一段落いたしました。
見切り発車っぽいですが。

新・問わず語り

に引越しいたします♪

こちらのブログも、更新はしないと思いますがこのまま残しておきます。新ブログへのGatewayとしてお使いくださいまし。
エキサイトブログのブロガーさんへは、こちらのアカウントから書き込みさせていただくこともあるかと。ややこしくてすみません。
(非公開コメントで内緒話も出来ますしね♪<エキサイトブロガーの皆様)
[PR]
by radwynn | 2005-10-17 02:50 | Diary

経過報告その2

えー、やっと今年の9月、そう、先月分まで到達いたしました。
が…

なんで8,9,10月と、私はこんなにも大量の記事を書いとるんだー?

…もう大変…画像も山のようにあるやん…(自分の書いた記事だろうが!)

でもあともうちょっと…もうちょっと、なの、か?
[PR]
by radwynn | 2005-10-16 18:27 | Diary

経過報告

やっと去年の10月分まで移行が終りました…

なんかトニーがちゃんとコメント書き込んでたんで、設定も間違ってなかったようです。(今回は移行途中なんで日付けの齟齬の問題があって書き込みは削除しちゃったけど)

しかし…seesaaブログ、エロサイトからのスパムTBがすごい。ちゃんと自分で自分のブログを守らなくちゃいけないんだよな…ちょっときびしそうなヨカン…

とりあえず作業が一段落するまで頑張ります、それから考えてもいいや(ほんとに「とりあえず走れ!」な奴だなあ)
[PR]
by radwynn | 2005-10-14 17:48 | Diary

考え中

うーん…
いやね、BlogPetのトニーが色々言葉を覚えていくのは楽しいんだが、やっぱり投稿機能が使えないと愉しみも半減だなあ、などと最近思い始めましてね。
そーするとExciteブログから別のブログに移行しないといかんのだな…
うーん、もし移るとすれば無料でアフィリエイトも使えるseesaaブログが最有力候補なんだが…
折角ここまで書き溜めた記事を、反故にするのもなぁ…
どうしたもんだか…

追記:
苦肉の策として、今までの記事を一気に別ブログにUP中です(←バカ)
こちらのブログも旧ブログとしてこのまま残します、そーしないと皆様からのコメントが消えちゃうんで。
記事の移行が終ったら、新ブログをスタートさせます(ってきっと相当時間かかる…)。
現在トニーの語彙が極端に少ないのは、↑の理由です。トニーだけ先に新ブログに引越ししてるんですよ…

追追記:
うーん、
馴れの問題かもしれないけど、やっぱりこっちの方が使い易い…
うーん…
でもなあ…
[PR]
by radwynn | 2005-10-13 14:32 | Diary

高松うどんツアー

で、どうして私がティムなのかが未だによく判ってないんだが。

えー、土曜日の朝から瀬戸大橋を渡ってうどんの里讃岐入り。
JR高松駅→琴電高松築港駅のほんの短い移動時間の間に、浜松の超人さまと岡山のナイトウィング君に「そうか高松の蝙蝠さまはいつもいつもこんな思いをしていたのかorz」と絵文字付きで納得されてしまったのはいったい何故だ。
とにかく琴電瓦町駅で蝙蝠さまと合流、木目の美しい喫茶店で美味しいトーストの朝食を取りつつ何故かナウシカ・実写編で異様に盛り上がる(笑)個人的にはビリー・コノリーの「独り大海嘯」が大変お気に入り。
その後勤務に向かう蝙蝠さまと別れ、時間つぶしに、電車で移動してワーナーマイカル高松へ。カプリチョーザでパスタ食べた後、『シン・シティ』鑑賞。期待以上の“フランク・ミラーらしさ”と、ロドリゲスの漢気に震えたね。信じられないことにフランク・ミラーのキャラクターが本当に実写で動いてた。今はもう何処にも居ない本当に優しい男たちと本当に美しい女たちの住む悪夢の街『シン・シティ』。いつもの事ながらいろんな映画へのオマージュに溢れてた。私はこういう超弩級のB級映画は大好きなんだが、好き嫌いは別れるんだろうなあ。
ドワイトに「オレの隣のワルキューレ」と言わせたゲイルに惚れたね~。いい女だよ、ほんとに。しかしこの映画のキスシーンは問答無用に“いいキスシーン”だった。美しいわけじゃない、エロっぽいわけじゃない、なのに男と女の情感に溢れたキスシーンだったんだよね。
どうやら『シン・シティ2』の構想も立ってるようで、クライヴたんは続投なのかな?まあ、そうじゃなくても、是非、観たい。
そして『シン・シティ』の素晴らしさを実感するにつれ、『300』への不安が、やや頭をもたげてきております。やっぱりフランク・ミラー作品をハリウッドが映画化するのは間違ってるんじゃないのか…そしてジェリー!お前大丈夫なのか!ほんとにミラーキャラが演れるのか!…ごっつ不安。
鑑賞後、片原町まで戻り、ホテルにチェックイン。何故か皆一斉に仮眠(笑)、仮眠って、3時間くらいがっつり寝たような気がする(笑)。起きて駅前で蝙蝠さまと待ち合わせ、ほんとに駅からすぐそこの小料理屋で今宵の夕餉。これが貴方、どれもこれも旨いっつーの!魚が旨いってのは本当に幸せだねえ~♪大将ちょっとヨアンちゃん似だけど(なんか関係あるんか)
余りの旨さに全身満ち足りてホテルへ。何故か、マッサージ大会に(笑)なんでだっけ?最初は蝙蝠さまが凝ってるってもんで貰ってたのが始まりだっけ?最終的に私も揉み方教えてもらって蝙蝠さまを実験台に練習してたんだよね(笑)「逃げるな」とかって首根っこ掴んで肩もんでたら何時の間にか頚動脈絞めてたというオチもついてたな(笑)
2時くらいまでぎゃはぎゃは笑いながらマッサージ大会という訳判らんノリで、さすがに明日9時には起きたいから、と床につく。ほんとに皆あっという間に眠りに落ちてたよね(笑)
翌日は高松の蝙蝠さまの自宅にお邪魔し、巣篭もり出来そうな心地よい部屋と本棚から暫し離れがたかったのだが、うどんツアーのために桃源郷を後にする。
初心者マークの貼られた「ばっともーびる」(ひらがなっぽかったんだよぅ)で、『あたり屋』と『わら屋』へ。
『あたり屋』のだしの旨さに感動する。あれはほんとに何杯でも喰えるぞー!『わら屋』ではさぬきうどんのさぬきうどんたる所以、コシの強さを堪能。ぎゅむ、と歯を受け止めて抵抗する感覚が無ければさぬきうどんとは言わんのじゃよー。
その後腹ごなしに『四国村』を散策。「えー、800円?ちょっと高いー?」とか思ってたんだが、結局1時間くらい歩き回ってたような?古民家を当時の民具と共に移築・展示してあるんだが、なんとなく田舎の家に帰ったような気分になって気持ちよかった。夏に戻ったような陽気だったのだけど、民家の土間や軒先はひんやりと涼しくて。「おばあちゃん、カルピス~」軒先で思わず家の奥に向かって声をかけてしまったり。(もちろん誰も居ません)
四国村スタートは祖谷のかずら橋、ゴールは異人館。この異人館は神戸北野にあったものだそうで、元はイギリス人の住居だったそう。今は、歩きつかれた観光客の憩いのティールームになっています。ケーキセットはどのケーキも美味しかったよ~(←皆で順番に「ハイ、あ~んして♪」をやった奴ら)
時間も程よき頃合いにて、一旦車を戻しに蝙蝠さまの自宅に舞い戻り、結局コーヒーなど淹れていただいて寛いでしまうも、そこから一路、JR高松へ、お土産物購入後、マリンライナーにて児島へ。我々にはまだ、今回のもうひとつの目的、『デストラップ』の大画面での鑑賞、という一大イベントが残っていたのだ。
…結果は…あれは惨敗っていうの?なんかもう私、何かをマチガエテしまったような気がしているんですが皆様にはいかがお過ごしですか?(おかしくなってますよ言語中枢が)
ケインさまが可愛すぎる。そして御免、クリストファー・リーヴ、私貴方のことを只のスーパーマン役者だと思ってました。ほんと謝る。謝るからもう許して。なんなんだあの殺傷能力の高い佇まいは(また意味不明になってますよ)。人間の美というものを一身に集めてるじゃないか。あんな白痴美すれすれの美しさのくせにあんなにちゃんと“演技人”だったなんて嘘だー。
因みに一度舞台で観てみたいんですがもう何処でもやってないんでしょうね…。今やるとしたら誰なんだろうな、役者…
あああ、もう、なんかまた嵌められた気がするよ私…

P.S.
浜松の超人さま、ブレスレットありがとう~♪血を吸った大地の赤のブレス、ほんと気に入っちゃった♪
[PR]
by radwynn | 2005-10-10 21:45 | Diary

現在地

えー、只今、実家に居りま~す。
明日は高松へうどんツアーに行く予定なり。
帰阪は月曜になる予定です、ので、しばらく書き込み&コメントへのレス、出来るかどうかわかりません。(現在、弟のPCを分捕って書き込み中)
出来るだけチェックはするようにしますので~。
あんど、携帯からの書き込みも、出来ればするつもりです~。
ではでは。DVD鑑賞大会だ~い♪
[PR]
by radwynn | 2005-10-07 21:05 | Diary

走り書き

午前中は雨降ってたけど洗濯して
11時過ぎに昨日の残りのシチューかっこんで
玄関で靴の紐結んでたら郵便小包が届いて
電車に飛び乗って京都に行って
『ファンタスティック・フォー』観ていろいろと不審な動きをして
岩男はイカすよなあとかヨアンちゃんはエキセントリックな科学者ってのがなんの違和感も無いよなあっていうかもうエキセントリックはウェルシュの独壇場だよなあとかトーチ坊やはもうちょっと役者が可愛かったらもっと気に入ってたのになあとかドゥームも悲恋よねとかいろいろ。
久しぶりに本屋によって立ち読みするも特にこれといって食指が動かず
無印良品に寄ってBGM7:スコットランドケルトのCDを探したら
BGM4:アイリッシュケルト(ダブリン)
BGM6:フラメンコ(セビージャ)
と気になるのが他にもめっかってつい一緒に購入しちゃったりして
帰りの四条河原町でビッグイシューのユアンちゃんを入手して
今帰ってきて
これからバイト行ってきまーす!
またあとで!

追記:
書き忘れてたけど、ケーニヒスクローネでkoujitu3さんお勧めのコーヒーゼリーと、義母に抹茶ゼリーを買いました♪
晩御飯の後に食べたのン♪ンま~なの~♪
[PR]
by radwynn | 2005-10-05 17:12 | Diary

お墓参り

毎年、お彼岸の中日に家族揃って(つっても3人)京都の大谷本廟へお参りに行くのですが、今年は相方の休みが取れそうに無いので、それならなにも混雑するお中日にわざわざ出向かなくても、と、本日義母と2人で行って来ました。
相方が一緒の時は車で行くんですが、今日は電車&バス。烏丸で電車を降りて、207系統のバスに乗り換える。
いやー、京都のバスに乗るのは久々ですよ、しかも繁華街を通る循環系!まーったくもう、すんごい乗車率だよ、相変わらず。何処まで乗って来るねん!ってぐらいどんどん乗って来る、しかもご老人が多いから乗り降りに時間かかる、なのに運転手は昇降口ドア閉めたと思ったら急発進する、危ないッたら!
大谷さんは、毎年のお中日の混雑のことを考えたら、今日はやっぱり空いてました。それでもひっきりなしにお墓参りの参拝者が訪れてましたから、流石は本廟ですね。
帰りは206系統のバスで東大路の祇園バス停で下車、四条通りをぶらぶら歩きました。義母がシックで使い易そうな小さなバッグを購入。和風小物のお店とか、日ごろあまり立ち寄らないようなお店に寄ってみました。結構、可愛いものがあって、妙に気に入ってみたり(笑)
そうそう、何年かぶりに、都路利の本店で甘味を食しました。平日だってのやっぱり並んでましたよ、店の表まで。まあ、久しぶりだし、ってことで、普段なら並ぶの大嫌いな2人がおとなしく並びました。思ったより列は早く進んで、そうだなあ、20~30分くらいで、席に着けましたよ。
私は抹茶むうす、義母は白玉ゼリーあんみつ(抹茶みつ)を注文。待った甲斐はある美味しさでした♪特に抹茶ゼリーは絶品。ほろ苦さが堪りません。
でも待つのヤだから滅多にこの店には寄らないのです。休日なんかものすごい行列なんだもんな~。行くなら、平日の、昼~4時くらいまでの時間を外して行った方がいいでしょう。
久々の、京都歩きリポートでした。
[PR]
by radwynn | 2005-09-22 18:14 | Diary

大阪と京都

昨日のことになりますが。
久々に相方に休みが取れたので、一緒に吹田の民俗学博物館でやっている「インド サリーの世界」という特別展示を見て来ました。
真ん中が吹き抜けになった展示場の、1F部分が、まるでサリーのファッションショーが行われているかのような展示になっていて、豪華絢爛なサリーがこれでもかと並んでいます。そして、面白いのは、その展示の方法が非常に細かく計算されていて、いろいろな角度から、1F全体を見渡すように振り向いてみると、遠くのサリー展示が暗がりの中に浮かび上がっているのが見えたり、天井から流れ落ちるサリーの間に、マハラジャとその王妃の衣装が見えたり、と、ただ、一つ一つの展示を単独で観るというよりも、その空間そのものを堪能できるような展示になっていました。まるで、マハラジャの宮殿に迷い込んだよう。

a0009319_20484683.jpg2Fでは、サリーの試着体験コーナーが。もちろん、相方共々、体験いたしましたよ(笑)。
絹のサリーは思ったよりも軽く、脚捌きもよくて、動き易かったです。ちょっと贅沢な気分にもなれた♪絹を纏う、ってやっぱり気持ちいい。
相方が嘘みたいにインドの男性の衣装が似合ったのには、本当に驚いた(笑)もしかして前世はやっぱりそっちの人だったのか?(笑)

展示も面白かったのですが、出口にも、ヘナ・メンディ(メヘンディ)体験コーナーがありまして、前から凄く興味があったので、これも体験してみました。
実はロンドンのヒースロー空港で、インド女性が、手に刺青のようなものをしているのを見たことがあって、何なのだろうと思っていたんです。今回、これが、ヘナ・メンディという、お守りのようなものということを知り、早速体験。
髪を染めるヘナの染料が、歯磨きのチューブのようなものに入っていて、丁度、ケーキに字を書くチョコレートの要領で、先っぽに針で穴を開けたキャップから搾り出すようにして、手や腕に、絵を書いていきます。私は、受付のバイトのことがあるので、袖で隠せる手首から上の部分に書いて貰いました。
a0009319_2049358.jpg最初は左の写真のように泥のような状態ですが、これが乾いてぽろぽろおちると、その跡に、薄いオレンジのような色で、皮膚に模様が付いています。面白いのは、最初オレンジ色で、薄いなあ、って思ってたのに、時間が経つとだんだんと茶色に変わっていったこと。a0009319_20491546.jpg右の写真は泥状のヘナを落とした直後。
今はこの写真よりもっと茶色でかなりはっきり見えています。この文様は、2週間ぐらい持つそうです。もちろん、お風呂に入っても落ちません。刺青ほどはっきりしてるわけじゃないけど、なんだかすっごく気に入っちゃって(笑)自分であのチューブ買って描いてみようかなとか思ったり。

ヘナ・メヘンディについての詳しいことはこちらのサイトさんに。
<参考>Mehndi インドの吉祥紋 メヘンディ
追記:
ヘナ・メンディ、2週間ぐらい持つ、というのは、多分炊事洗濯をしなくていい場合、だと思います…水仕事してると、特に洗い物してると、どんどん落ちていきます…私の場合もう殆どうっすらとしか残っていません。残念。

夜は夜で、京都のカフェをはしごしてきました。Ace・cafeと、etw
Ace・cafeに行ったらあまりに盛況で全然落ち着けなかったので、早々に退散して、etwでリベンジ。江戸の敵を長崎で討つ。なんか違。
etwは落ち着けますよ〜。バーガープレート美味しかった♪
↑あ、ひとつご注意。etwのビルには地下にメトロっていうクラブがあるんですが、ここでやってるイベントによっては、お店の雰囲気が変わることがあります。その日のイベントのお客が、上のetwにも来ること多いので。
[PR]
by radwynn | 2005-09-19 18:17 | Diary

まあそういう日もある

ほんの先日まで暑い暑いと口癖のように言っていたのが冗談だったかのように今日は爽やかな秋晴れでした。
庭を渡る風も涼やかに、日差しも眩しくはあるものの、あの圧力さえ感じるような強烈な照射ではなく、きらきらと金属かガラスの断片に反射して降り注ぐようで。そんな音さえ聞こえそうな、秋の空。
なのに、今日は何故かどよーんと疲れモードでしたよ…
急に涼しくなったので身体の中の切り替えスイッチが反応しきれていないのかしらん?

午前中のパートから戻ってから、お昼ご飯にパスタを作って食べて、コーヒーを淹れて、トニーさんを鑑賞するために『ブレイド2』をビデオデッキに放り込んで。
いつもなら、2Fの自分のTVで観るんだけど、今日は家人が居ないので、リビングを占領してビデオ鑑賞。というかトニーさん鑑賞。
『ブレイド2』、TV放映を録画したのは、確かノーマン・リーダス鑑賞の為だったんだよね。それが今では、トニーさんと、ドニーさん(ドニー・イェン)鑑賞も。好き俳優さんが増えると楽しいね。で、今日はトニーさん鑑賞なんで、鑑賞時間はめっちゃ短い(笑)
ヴァンパイアの特殊部隊ブラッド・パックの登場から、最初の探索・リーパーの襲撃、まで。
いやー、トニーさんもドニーさんも可愛いわ~
と、堪能し終わって、その後TVのチャンネルをザッピングし始め…次ぎに気が付くとソファに長々と轟沈しておりました…起きた時の身体のだるかったこと…
あかんなあ、しゃっきりしない…

なんだかとても大事なことを、何処かで聞いているのに、それが何だか何処で聞いたのかも思い出せない、そんな感覚が頭の何処かに引っかかっていて消えない。それが何なのか本当に判らないのに。
[PR]
by radwynn | 2005-09-16 21:21 | Diary