カテゴリ:Diary( 118 )

無い…

最寄りの繁華街で本屋3件周ったけど無いよ、『エラゴン』…
その上『ピーター卿シリーズ』も月曜に購入したのしかおいてない!
う~ん、どうしたものか。
とりあえず『チャーリーとチョコレート工場』見てから考えます(笑)

追記:
結局4件周ったけど何処にも無かった。唯一、大垣書店に原書のペーパーバックがあったから仕方なくそれの最初だけ流し読みしてきました。
風の言の葉を聞く緋色の髪と栗色の瞳のシェイド・ダーザ、むっちゃかっこええやん(笑)敵役としては申し分なしな感じ。瞳の色のmaroonは栗色なんだけど、この場合「人に無い」っていうことだから「金茶」くらいに訳したほうがいいのかな。猫によくある瞳の色だな。
もうよっぽど見つからなかったら原書購入しちゃおうかなぁ…勝手に訳付けるのも面白いかも。
ところで同じく大垣書店でうろついてたらスターウォーズの小説版で我がダース・モール君が主人公の見つけちゃってもうどうしようかと。欲求を押さえつけるのが大変でした。ダークサイドの誘惑は恐ろしい。
あ、『ピーター卿シリーズ』は2作目『雲なす証言』、入手♪(結局物欲に負けてる…)

『チャーリーとチョコレート工場』は…ウォンカさん、リス・エヴァンスで観たかったかも。
ウンパ・ルンパの歌と踊りはサイコウ(笑)しかし今の若い人、元ネタとか判るの?(笑)
うっとおしい子供4人、はちょっと食傷ぎみになっちゃった。同じようなことの繰り返しだしね。ウンパ・ルンパソングに助けられた感じ。
あ、それからリー様の後ろ頭の波うつヘアスタイルがすごく気に入りました。素敵。っていうかリー様は何をされていても素敵なんですが。

帰りにマッサージ屋さんに寄って10分間コースで揉んで貰った。
「凄く凝ってますねえ!」
ハイ、凝り性ですから…(いろいろとな)
[PR]
by radwynn | 2005-09-14 13:11 | Diary

が~ん

現在、京都は四条のジュンク堂。
なんてこった!「エラゴン」が無い!
ナルニアがズラッと並んでるのに!

追記:
結局ジュンク堂には無かった。今日は本屋探索ががメインではなかったので他の本屋に寄る暇は無く…残念ながら今回は『エラゴン』(っていうかダーザ)のチェックはおあずけ。
…でね、何故か気が付くと、ドロシー・L・セイヤーズの「ピーター卿」シリーズ第1作『誰の死体?』を持ってレジに並んでました…
前から気になってんだけど、昨日『鳩の翼』を観たイキオイで。20世紀初頭のロンドンで暮らす貴族の若様が主人公の推理小説なんです。
作中にはっきりと主人公のピーター卿は‘美男ではない’と書かれてるんだけどそんなことは無視します(笑)現在どの俳優さんを脳内キャスティングするか検討中なり(笑)
主な登場人物は主人公のピーター卿、彼の執事バンター、親友のスコットランドヤード警部パーカー、ピーター卿の母デンヴァー先代公妃、ピーターを毛嫌いするスコットランドヤード警部サグ。さあて、誰をキャスティングしようかな♪
[PR]
by radwynn | 2005-09-12 16:16 | Diary

Photos before the storm

大自然の驚異。脅威でも可。むしろそっちの方が相応しい。New Orleans、嵐の直前の画像です。いっそ「美しい」と表現してしまいたい程の、恐ろしさ。
a0009319_10545214.jpg


More
[PR]
by radwynn | 2005-09-10 10:52 | Diary

+BlogPet+TONY語録

a0009319_9539.jpg
BlogPetのTNOYは私の知らないところでなかなか際どいことやらアブナイことやら喋っているようなのですよ。
…どんなこと言ってるんだろうとむちゃくちゃ気になるんですよ、飼い主としては!(笑)
ということで、ですね、もしTONYがとんでもないことを喋ってるのを見かけましたら、何言ってたか教えてくださいまし。
この記事、TONYの窓の下に貼り付けておきますので、ここにコメント入れてくださると嬉しいです♪

↓私もインパクトのあるの見つけたら画像付きで掲載しときますね~

画像キャプチャはこちら
[PR]
by radwynn | 2005-09-10 09:09 | Diary

BlogPetレポート・その2

トニーの住処を変えてみました。
現在、エディンバラの旧市街地在住です。世界遺産の真っ只中だぜい♪
…とはいうものの、ちょーっと判りにくい画像ですな(汗)
自分で撮影したエディンバラ旧市街地ロイヤルマイル南から北を臨む、ってぇ写真画像を加工したんですが…
トニーの大きさと街の大きさのバランスがなかなかとれない。でもって大きさをあわせると、いったい何処に居るんだか全く判らない画像になってしまう。
かろうじてエディンバラ旧市街と判る程度に大きさをあわせると現在のような感じに。
って、こんなん何処か判んない、って?…確かに(汗)
これじゃあ知ってても「あそこだな」って判りませんよねえ…。よっぽどよく知ってる人なら判るかなあ。それこそトニーさんとかビリーさんとかジェリーとか。

+今日の一言+
a0009319_2361141.jpg
最近誰か殴ったっけか?
あ、私じゃないのか。
っていうか何を冷静にレポートしとるんかね君は。
[PR]
by radwynn | 2005-09-08 23:07 | Diary

全然違うっぽい(笑)

いや、ダーザですけどね。(まだ引っ張ってるんか)
アレからもう気になって気になって、海外サイトもうろついてみましたら…
ダーザ(Durza)って、昔は人間だったんっすね。魔法使いの弟子だったカーセイブが、己の心の闇に飲み込まれてシェイドになる、ってことらしい。
力の指輪の誘惑に負けた人間の王達が指輪の幽鬼になったりジェダイがフォースの暗黒面に取り込まれてシスの暗黒卿になったりするのと同じ、ってことですかね。
まあ、シスの暗黒卿も指輪の幽鬼の影響を色濃く受けているわけですが。
なんかねえ、どうも、元々人間だった時のカーセイブの仇名ってのが、‘砂漠のネズミ’だったらしい。そっかー、ネズミかぁ、そんで、カーライルさんなのね。ふーん。なんか妙に納得してしまった(笑)

っていうかそんなに気になるんなら読めばいいやん、っての(笑)
いかん、読まねばならないモノ観ねばならないモノがいっぱい積んであるんだよ現在…
[PR]
by radwynn | 2005-09-08 15:59 | Diary

読んでも無いのに勝手に盛り上がる。

…えー。結局、↓の記事のコメントで言ってたのとは全然なんの関係も無い事を書いております。
何の話かってーと、「エラゴン」です。
書店では良く見かけるんですよ、豪華な装丁で目立つところに平積みされてたりして。
表紙のイラストを見るからに、ドラゴンの話である事は明白、しかも帯の煽り文句が
「運命を信じなさい。私がお前を選んだのだよ」
…うわぁ(鳥肌)(萌)(←これだから腐女子ってやつぁ…)
この高圧的断定的で迷いの感じられない厳然たる自信、まさにドラゴンの物言いとはかくあるべき。
ってことでね、ほんとはすっごく気になってるんですよ、これ。
なんだけど、どうもちょっと手が出せなくて…なんとなれば私どうにも流行り物に手を出すのに臆病な質でしてね、実は例の世界一有名な魔法使いの少年のシリーズも、最初の巻が書店に並んだ時にぱらぱらっと立ち読みして、どーもだめだった、っちゅう前科がね。
前置きが長いな。
で、この「エラゴン」、20世紀FOXが映画化、って話は、先日書きました。「カーライルさんが闇の悪魔・ダーザを演じる」ってのが記事のメインで。
それ以来、特にこの物語に関して興味を持ってチェックしていた訳では無いのですが…本日koujitu3さんのブログにて、「エラゴン」の記事を読みまして、ちょーっと気になり始め。
カーライルさんの演じる‘ダーザ’についてちょっと情報を仕入れてみました。
みましたら、ですね。これが。
なんか私的にものごっつツボっぽいじゃーありませんか。
ダーザのキャラクター設定はソニー・マガジンズ『エラゴン』によると「シェイド。今はガルバトリックスに仕える身。幼名はカーセイブ」
シェイドとは、人間の精神の中に存在する悪魔で、精神の許容範囲を超えた魔法を使った際に、自己の精神をコントロール出来なくなると、心の闇であるシェイドに支配される、という設定の種族らしい。
ってことは、精神体、なのね?!精神体なんだけど、それは一つの種族として存在する、ってことなんだろうな。で、普通の生物のように、成長する、ってことだよね、‘幼名’がある、ってことは。
イメージとしては、私の中では『リディック』のエアリアルに近い感じかな、ってのが漠然と湧いてます。
で、このシェイドにも、強力なものとそうでもないものがあるようで、成長したカーセイブは非常に強力な‘悪魔’となり名をダーザと呼ばれるようになった、ということらしい。
なんかもうこの設定だけでかなーりツボー!
精神体である生命体シェイド、人の心を喰って成長する‘闇’、そしていつしかシェイドの中でも最強と恐れられるようになったダーザ。彼が何故、帝王ガルバトリックスに仕える事になったのかが激しく気になる…。幼名まで出てるって事はなんかそういうエピソードがあるんじゃなかろうか…
…え?主人公のこと?ああ、うん、まあ、ドラゴンは気になる(だから主人公は!)

以下はさらなる妄想。
[PR]
by radwynn | 2005-09-07 22:19 | Diary

BlogPetレポート・その1

■BlogPetの楽しみ方?らしきもの■
BlogPetはブログ内の言葉を覚えて、お喋りをするようになり、時には俳句など詠んだりします。実は、他にも、ブログに投稿したりコメントを書いたりする機能もあるのですが、当exciteブログではこれが許可されていません、ので、この機能は使えません。
トニーの奇妙な発言を、皆さんに見てもらえないのは残念です。
ということで、トニーの名台詞・迷俳句など発見しましたら、都度、レポートしていきたいと思います。
今回は初回なんでちょっとネタが多いです。

レポートはこちら
[PR]
by radwynn | 2005-09-01 23:10 | Diary

スズメバチ来襲!

我が家の朝は相方の淹れるコーヒーの匂いで始まる。
私はベッドの中でその匂いを嗅ぐのだ。
…っていうとなんか洋画の朝のシーンのようですが、その実、「朝ぐらい独りにさせて。静かな時間を頂戴。」って言うんでね、好きにしてもらってるのよ。
で、もちろん今朝もそうだった、あの瞬間までは。
コーヒーとパンの簡単な朝食(我が家はコンチネンタルなんですよ朝は)を済ませた彼が、洗面所で歯を磨いている時だった、と思われる。
「うぁー!蜂ーーー!」
という絶叫で、私は叩き起こされた。
だが、私は、以前から時々洗面所の換気口から蜂の羽音がするのを知っていた。換気口は鏡の右上部にあり、鏡に向かっていると蜂の羽音が頭の上でするように聞こえるのだ。
だから私は、彼がその羽音を聞いて、蜂が中に居ると勘違いしているのだと思った。
「大丈夫よ、それ、外っ側に居るんだよ」
と、のんびりと階段を降りて行き、洗面所のドアを開けた私が見たものは。
蛍光灯の周りを飛び回り、恐怖に満ちた羽音を振りまく、黒く禍禍しい姿だった。
どうやって!どうやってヤツは換気口の網の目をすり抜けて侵入したというのだ?!
しかし今はその事に関して協議している場合ではなかった。行動が求められているのだ。
幸い洗面所には2方にドアがあり、これを上手く利用すれば地の利は当方に在ると言えた。
階段側のドアからの状況把握及び敵の退却経路封鎖を相方に一任した上で、私は台所側のドアからの攻略を試みることにした。

…まだ読みます?
[PR]
by radwynn | 2005-09-01 14:13 | Diary

よっしゃあ!

gerrieさんちでBlogPet見てたら欲しくなっちゃってね〜
ところが、exciteブログはサポート外なんだこれが。セキュリティ上の問題とかで、Javascripも使えないし。
で、諦めかけてたんですが、「バグがいっぱいバグブログ」さんにこちらの記事に、exciteブログでの設定方法が!
なんかよーわからんけどとりあえずやってみっぺ?
と、挑戦してみましたところ、なんと私にも出来ましたよ(笑)

ということで、今日からBlogPetのTONYが住み着くことになりました。
クリックすると妙なことを口走ります。なんでも設置されているブログの記事から言葉を覚えて喋るんだそうで、さっきから「筋肉?」とか「バカ♪」とか「下品…」とか…こんなところで書き手の品性が試されることになろうとは。
しょっぱなにいきなり「radwynn大好き〜♪」とか言われてオタオタしてしまいました。BlogPetとはいえ名前がトニーなんでな。ふぅ(額の汗を拭う)
背景とか、どうすればいいのかまだ良く判ってないんですが、とりあえず、今日からTONYと同居♪

+今日の一言+
a0009319_21492921.jpg
あげません!


背景画像倉庫
[PR]
by radwynn | 2005-08-31 13:49 | Diary