カテゴリ:Movie-rental-( 14 )

『鳩の翼』

1997年/イギリス
原題「THE WINGS of THE DOVE」
a0009319_23333371.jpg
監督:イアン・ソフトリー
原作: ヘンリー・ジェイムズ
キャスト:ヘレナ・ボナム・カーター
      ライナス・ローチ
      アリソン・エリオット
      エリザベス・マクガヴァン
      シャーロット・ランプリング
      マイケル・ガンボン
      アレックス・ジェニングス

Asmik Ace Movie Information『鳩の翼』

※微妙にネタバレありかも…。ご注意。

「愛しているわ 貴方を ― 貴方たちを」

これを三角関係と言うのは、余りにも簡単な解釈だろう。
ここには幾重にも重なった「対立」の構造が存在する。
落ちぶれたイギリスの貴族と、隆盛を誇るアメリカの大富豪。それに重なる、既に黄昏の時代に入っているイギリスと、やっと朝日の昇ったばかりのアメリカ。
貴族と庶民。保守と革新。貧困と富裕。束縛と自由。退廃と健全。生と死。
暗く澱んだロンドンと明るく澄んだヴェネツィア。
そして、男と、女。
この相反する、しかし互いに惹かれあい、かつ憎しみ合う二つの事象の織り成す世界に、3、という決して割り切れない数を置いたのは、秀逸だと思う。
3人の人物は、各々が前述した属性を纏いながら、交錯する。
そしてライナス・ローチとヘレナ・ボナム・カーターの演じる2人は、性別さえも超越しているかのようだ。
3人の登場人物の中で唯一アリソン・エリオットの演じたミリーだけが、聖母のように確固たる女性として存在しつづける。ミリーを頂点に置いて、ヘレナ・ボナム・カーター演じるケイトとライナス・ローチ演じるマーチンはそれぞれの性の枠を少しずつはみ出しながら、互いに、そしてミリーを、愛しているのだ。ミリーも2人を愛した。各々を、そして「ケイトとマーチン」という存在を。
ミリーとケイト、ケイトとマーチンの関係に同性愛の微かな香りを嗅ぎつけるのは困難なことではない。むしろそのメタファはヴェネツィアのマスカレードの夜の扮装にはっきりと象徴されていると思うのだ。
ヘレナ・ボナム・カーターの‘強さ’とライナス・ローチの‘繊細さ’が、この映画には何よりも必要だったのだろう、と、私は見終わって感じた。
それが無ければ、ラストシーンに納得がいかない、後味の悪いものになってしまっただろう。
前述のAsmik Ace Movie Informationでは「鳩の翼」をヒロインの象徴、としているが、私は最後に‘鳩の翼’を纏ったのは、マーチンだった、と思う。…マーチンがヒロインだったと言うなら頷けるのだが?

…しっかし声エロいなぁ、ライナス・ローチ…
若いし綺麗だし。
ライナスさんを観るのにどれがいいですか、って言われたら、とりあえずコレかなあ。
私は殆ど逆打ちみたいなもんだったんですが。(『司祭』→『ジャスティス』→『リディック』→『フォーガットン』→『バットマン ビギンズ』→『鳩の翼』)
あ、クライヴたんとジョリー姐さんと共演した『すべては愛のために』、観てないや。
[PR]
by radwynn | 2005-09-11 22:12 | Movie-rental-

『バスカヴィル家の犬』に…

本日も日課のようにジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズを観てた訳ですが。
『バスカヴィル家の犬』に、『刑事タガート』でタガートの最初の相棒ピーター・リビングトンを演じてたニール・ダンカンが出てた。
誰だッけー、誰だッけー、って大分時間が経ってやっと思い出た(笑)。(注:私の場合、頭の中にある記憶を探し出すのは容易ではありませんで、大体の場合に於いて、「思い出す」のではなく「思い出る」のを待つのであります)
タガートの時にはちょっと頼り無さげな役だったんだけど、とってもスマートなお医者さん役で登場したんで、最初気付かなかった(笑)。
このお医者さん、モーティマー先生、ホームズに会うなり「なんと興味深い頭蓋骨の形状だ!触らせて下さい!」とか言い出したり、ホームズが拒んだら「じゃあ頭蓋骨は是非私に下さい」とか(笑)、遺跡掘り返して骨を集めてたり、ワトソンに「どうです!素晴らしい頭蓋骨でしょう!」とか自慢してたり(笑)、そのくせ銃の腕前は結構なもんだったり。
…って、どっかの誰かを思い出すなあ(笑)
そーいえば、服装とか、髪型とか、眼鏡の感じも、似てたような気がする(笑)、ポール・ベタニーのマチュリン先生に(笑)
博物学に傾倒するヘンコの医者、ってのは、イギリスではああいう認識なのかなあ?
[PR]
by radwynn | 2004-08-26 22:10 | Movie-rental-

シャーロック・ホームズに…

ジェレミー・ブレット氏主演のシャーロック・ホームズシリーズをここんとこずっと観てるんですが、今日も昼食の後観てまして。
でもって発見〜!
『ショスコム・オールド・プレイス』に、若き日のジュード・ロウが居ました〜!
騎手になりたい、ってお屋敷に奉公にやってくる若者(まだ少年、っていってもいいくらいの年頃)役なんですが、随分旦那様に気に入られて、女装とかさせられてました。納骨堂じゃしっかり旦那様を慰めてあげてるし。(物凄く誤解を招く書き方だなオイ(笑))一応、ネタバレになるので、反転してプリーズ(ロクなこと書いてませんが)。
登場した時に、「あれー、この子、ジュード・ロウに目元が似てるなあ〜」って思ったんだけど、まさか本人とは(笑)。
『ストレンジ・ワールド』の短編でも、若い頃のジュード・ロウが観れるけど(たしかこの短編が映画初出演、ではなかったかしら)、こんなところで少年ジュード・ロウを見つけちゃうとは(笑)。
でもねえ、今の方が断然綺麗ですよー、たしかに若いころも可愛いけど、今の方がずっといい。
イギリスの男たちは、年齢を重ねるに従って、素敵になって行くように思います。

お気に入り俳優さんのTVシリーズ出演は他に
「マクベス巡査」ロバート・カーライル(これは言わずもがな、主演だし)
「刑事タガート」5話「死の電話」アラン・カミング(薬局のバイトの少年)
「刑事タガート」14話「無実の自主犯」ロバート・カーライル(政治家)
「刑事タガート」36話「死者のトランク」ビリー・ボイド(宿の少年)
「心理探偵フィッツ」4話「孤独な男」ロバート・カーライル(サイコな男)
あと「モース警部」にショーン・ビーンが出てるのと、「バーナビー警部」(だっけ?)にオーランド・ブルームが出てたッけ。
ジョン・ハナさんは「検死医マッカラム」と「リーバス警部」に主演してる、と。
このくらいだったっけ…
あ、「タガート」のどれかにブライアン・マカーディ君がお兄さんと一緒に出てるんだ!こないだ発見したのに、どの話だったかわすれちゃったよ…(汗)「秘密」だっけか…確認しとこう…
[PR]
by radwynn | 2004-08-10 16:24 | Movie-rental-

『ヤング・ブラッド』

原題『The Musketeer』
2001年/アメリカ
監督:ピーター・ハイアムズ
出演:ジャスティン・チェンバース
   ティム・ロス
   カトリーヌ・ドヌーブ
   スティーヴン・レイ

カンフーを取り入れたアクションで話題になったそうですが。まあ、観てる分には面白いから、いいけどね。やっぱりレイピアとかサーベルは、フェンシングスタイルで戦って欲しい訳ですよ、私としては。
で、なんで観たかと言うとティム・ロスです。
『ロブ・ロイ』でも似たような役やってたけどこっちの方が徹底してて素敵。まさに‘人で無し’、モンスター。ダルタニアン(ジャスティン・チェンバーズ)がリシュリュー卿(スティーブン・レイ)に「てめえのモンスターは俺が仕留める」とか言ってました、この男フェブル(ティム・ロス)。
黒装束がなんかもうものごっつお耽美でした(笑)。綺麗な顔が醜く傷付いていて、しかしそれでも、だからこそ狂気を宿していっそう美しい、てのは、好きですねー。毒々しく無く、「悪い事をしている」という自覚はあるけれども罪の意識は無く、だからなんの感情の変化も無く手を下してしまえる、むしろ楽し気に。という本当の悪、哀れな存在、を演じるに於いて、やっぱりイギリスの風土に育った俳優に勝る者は無いんでしょうかねえ。素晴らしくハマってました、ティム・ロス。
[PR]
by radwynn | 2004-05-29 11:06 | Movie-rental-

『デッドベイビーズ』

原題:『Dead Babies』
2000年/アメリカ

公式サイトこちら

TUTAYAでふらふらしてて偶然見つけました。ベタニーさんなので借りてみました。
…ぎゃー!
ベタニーさんが、ベタニーさんが、F・・KN' Beautiful......
「美しさに嫉妬するわ!」byクェンティン(ベタニーさん)の妻シリア
ホンマにめちゃくちゃ綺麗やん!みょーな貴族趣味ガウンとか黒地に白のストライプのスリムなスーツとか胸元ひらひらのシャツとかセンスの判らない格好してるけどこの人ならOK!な気がする。ってゆうかイギリスってこういう趣味なの?
えーと、お話の方は、すげーバカです。いや、ストーリィがバカなんじゃなくて、バカなお話なの。ミステリーとかサスペンスとかホラーとかブラックとか言い様は有るかも知れないけどむしろバカです。バカバカしさ。その怖さ。私的には一番怖い種類の話。壊れる人間の怖さ、壊れているのに、気付かない、気付けない、気付きたく無い。
でもねえ、奴らの「友達」に対する愛情だけは本物だと思うの。例えそれがどんな結果に終わろうとも。
ラストはちょっと弱かったような気がするけどいいやもうベタニーさん綺麗だったから。
<ネタばれ注意>





「あいつは貴族の囲い者だったんだ」byご学友ってのに、ものすごく頷けてしまった。
彼らを手にかけたのだって彼にしてみれば愛情の一つの表現、なんだと思うんだよね。彼が手を下すという、愛情。
歪んでいるのに美しい、否、歪んでいる故に美しい。誰にも救えない。

↑反転でプリーズ。
[PR]
by radwynn | 2004-05-18 21:42 | Movie-rental-

『デアデビル』

原題:『DAREDEVIL』
2003年/アメリカ
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演:ベン・アフレック
   ジェニファー・ガーナー
   マイケル・クラーク・ダンカン
   コリン・ファレル

映画館で観た時はそんなに気にならなかったのに、DVDでじっくり見ると妙に気になるなあ、ベン・アフレックの髪の毛…ぢゃなくて、CG部分。
なんかすげーちゃっちぃなあ…LOTRのオークとか観た後だからかなあ…
ってゆうか、そのくらいのアクションなら、実写でなんとかしなさいよ、な感じがする。それは香港映画を観ているから?香港のスタントマンってほんとに何でもやるもんなあ。
でも、ちょーっとCGに頼り過ぎ、しかもそのCGがちゃっちぃと来た日にゃ、ねえ…
そしてブルズアイはあんまし喋らないので、コリン・ファレルのアイルランド訛りを堪能する、というほど台詞を聞けなくて残念。でもむっちゃ訛ってたけど(笑)。コメンタリーで監督に「キュート!」とか言われてました。ほんまキュートやわ(笑)
[PR]
by radwynn | 2004-05-18 21:27 | Movie-rental-

『13ウォーリアーズ』

原題:『The 13th Warrior』
1999年/米
監督:ジョン・マクティアナン
主演:アントニオ・バンデラス
   デニス・ストーイ
   ウラジミール・クリッヒ
   トニー・カラン

原題の「13番目の戦士」は、お告げにより選ばれ13人目の戦士となった、アントニオ・バンデラス演じる‘詩人’を現します、が、邦題だと、13人の戦士全員を現してますよね。映画の内容は、というと、どっちでもOKです、つか、むしろ『13人の侍・スカンジナビアヴァージョン』とかでも。
アントニオ・バンデラス演じる、イブンは、アラビアの詩人です。アラビアー?まあいいや。で、人妻に手を出して亭主に嫉妬されて、北方への大使に任命され、体よく国外追放されちゃって、命がけの旅を続けて、ブルヴァイという若長に率いられた『北の民』に巡り会います。…って、ここまでは前説。
その『北の民』のキャンプに、他の村からの救援要請が来た事から、物語は動き始めます。魔物に襲われた村を救出すべく、巫女により13人の戦士が選ばれる。
この戦士選出シーンで、多分、各々の戦死のプロフィールっぽいものが語られてるんじゃ無いかと思うんですが、このイブンという主人公、最初は、彼ら『北の民』と、言葉が通じないんですね。なんで、このシーン、何が起こってるのか、彼にはおぼろげながらにしか分って無い。なんか、巫女が叫ぶ度に、男達が名乗りを上げている、ってくらいしか。観てる側も、それくらいしか判らないんですよ。もしかしたらスカンジナビア語が判る人なら何を言ってるのか判るのかも。雰囲気としては、「まず選ばれるべきは王!」「ならば俺だ」(歓声)「次に射手」「弓にかけて俺に適う者が他にいるか?」(歓声)「力!」「俺だ−!」(歓声)「知恵」「俺だろう」(歓声)…みたいな。でもなんか不思議な属性の戦士が何人か居るのよ、後でエンディングロール観てたら。(笑)「陽気」とか「楽士」とか。因に、トニー・カランさんは「楽士」でした(笑)。
で、13番目が回って来て、巫女が「13番目の戦士は『北の民』ではならぬ!異邦の男でなければならぬ!」ってんで、必然的に、イブンが選ばれる、っていう寸法。
なんというか、すっごい、ストーリィはありきたりだし、13人も主要人物が居る割には、各々の名前さえ殆ど判らなくて(私、結局観てる間は最後まで若長ブルヴァイしか名前わかんなかった…)個性も殆ど表現されて無いし。けどそれが還って現実味を生んだかも知れないけど。つっても、なんでこんなところにこんな‘魔物’が?とか、解決しないまま忘れられた伏線、とか、いいかげんなところも満載だったので、なにをとって現実的というか、なんですが、強いて言えば、彼らの生きざまが‘現実的’だった。生きざま、というか、死にざま、というか。
とにかくね、私にとってはパーラダーイス♪な映画でした(笑)。こ汚い『北の民』(騎馬)がいっぱい♪(笑)。アントニオ・バンデラス以外は殆ど無名の役者さんを使った、ってことで、その面構えがね、もう、むちゃくちゃ『北の民』!しかも可愛い子ちゃんが♪(可愛い子ちゃんって…)
トニー・カランさんはねえ、もうとーってもグラスウェジアンでしたよ!(それって形容詞だったのか)キルト着てたし(笑)ヴァイキングじゃなかったのか君(笑)。
でもって若長ブルヴァイの、この侍魂が、すっごい私好みで(笑)。ヴァイキングのヴァルハラ信仰は戦国時代の武者の心根に通じるものがあると思いませんか。すっげー無口で、やる事はやる、統率力はある、部下からも慕われている、ブルヴァイはよい漢でした。
あと、お気に入りは「陽気」として選ばれたハージャー、とにかく彼がものごっつ可愛いんですわ!最初は言葉の通じないイブンと仲間の橋渡しとして存在するんですが、その後もずっとイブンの回りであれこれと世話を焼いてくれる(笑)。『北の民』にしては小柄で、だからって戦闘能力は無いかというとこれが人一倍有ったりするから困る(笑)。救援に向かった村の長の息子とブルヴァイが対立して、その息子の腹心の部下とひと悶着起こすんですが、その時も、ブルヴァイに
「あんたは関わるな、オレがやる」
とか、ちゃんと気遣ってたり、自分の倍も有りそうな相手に苦戦すると見せ掛けてあっさり首を斬り飛ばしてみせたり、おまけにブルヴァイも彼の事を信頼しきってたり、もう大好きだこういう主従関係。
全編に渡ってこういう男達の物語なんで、好きな人は必見だ(笑)。
言っとくけど、「ストーリィとか、映画としての質には期待しないでね」。あと、アントニオ・バンデラスも別にいらん(笑)。彼である意味は全く無い。
あ、オマー・シャリフさん出てました!最初の頃の、イブンの通訳として。イブンの父の友人、という設定だそうです。
ああ、そうそう、すごいと言うか、よぅ考えついたな、と言うか、考えついてもやらんやろ、と言うか、言葉の通じないイブンと『北の民』がどうやってコミュニケーションするのか、というと、旅を続けている間に、イブンの耳に、次第に彼らの言葉が、意味を持った言葉として聞こえて来る、というふうになってました。イブンは主人公ですので英語で喋ってるんですが、最初『北の民』はスカンジナビア語で喋ってるんですね。それが段々、彼らの言葉に、ところどころ、ものごっつ訛りのきつい英語が混じって来る。その割合がだんだんと多くなって行き、遂には、イブンとコミュニケーションできるようになる、っていう。彼らの旅がどのくらいの期間だったのか不明なんですが、納得出来ない事も無い。シーンとしても面白かったし。でも吃驚したな(笑)
[PR]
by radwynn | 2004-05-13 15:00 | Movie-rental-

『マイノリティ・リポート』

a0009319_22234.jpg原題:『Mignority Report』
2002年/米
監督:スティーヴン・スピルバーグ
主演:トム・クルーズ
   コリン・ファレル

公式サイトはこちら

色々と「遅れて来る」私ですが。『レザボア・ドッグス』のティム・ロスにヤラれたのがつい先日なんてのはもう言語道断なんですが。
今度はトム・クルーズが暑苦しいんでちょっと遠慮してた『マイノリティ・リポート』でコリン・ファレルです。遅ッ!
なんじゃあの可愛い生き物はー(笑)。眉とか鬚とか濃いけど。それと口は閉じろ(笑)。
キレ者の癖にバッドボ−イ面で面だけかと思ったらほんとにやんちゃであんなファイトしくさって、しかもスーツ、サスペンダー〜♪おまけに!眼鏡!&お守りにキス!そりゃちょっと卑怯だろ(何が)。なによりのポイントはあの体型なんだけど(笑)。
いや、コリン・ファレルがうんぬんっていうよりつまりはダニー・ウィットワーってキャラが気に入った訳なんだけど、コリン・ファレルが演ってるってのがかなりに比重高い。例えばこれがもうちょっと普通のハンサムさんだったらきっとイケスカねー!とか思ってるに違い無い私が居たり(笑)。
最初ッから可愛いなあと思ってたんだけどどんどん可愛くなっちゃって(笑)。フレッチャーなんかは結構ほだされちゃってるに違い無いとかもう色々。途中から「ゴードン」とかってファーストネームだしな(笑)。例のシーンに至ってはもうなんか違う意味で危ないから〜とか思ってました。まったくもうこれだからアイリッシュって奴ぁ(人の所為にするな)。
あんまり可愛いのでチャプターの彼のシーンだけ延々繰りかえして観てたり(笑)。その為だけにDVD買おうかとか血迷ってるところです(止めい!)。
因に吹き替えで観ようと思ったら、あ・ん・ま・り・に・も、コリン・ファレルの声のイメージが違い過ぎて、よう観んかッた…。
ヴィゴとか、実際の声と吹替えの声がすごい違ってても、それほど違和感なく観れるのに、どーしても駄目だった、これのコリンの声。キャラ的に行けば、確かに、神学校出の司法省のエリート、って言えば、そういうイメージの声にもなろうけれどさ。でもコリン・ファレルだよ?(笑)。
なんかこう、私、アイリッシュとかスコッツに間違った認識してますかね?(笑)。『ジャスティス』の時も、へー、コリン・ファレルってこういう役も演れるんだー、とか思ったり。コリン・ファレル初体験が『デアデビル』のブルズアイ、ってのが間違いの原因でしょうか。でもすっごく正しい理解の方法だったと思ってるんだけど。違?
あ、そうそう、再認識しましたが、やっぱり‘手’は私にとって重要な要素のようです。コリン・ファレルの手。私好みでした(笑)。(それってフェチ?そうなの?)(ちょっと違)
[PR]
by radwynn | 2004-05-06 20:56 | Movie-rental-

『戦場のピアニスト』

原題:『THE PIANIST』
2002年/ポーランド・フランス
監督:ロマン・ポランスキー
主演:エイドリアン・ブロディ
   トーマス・クレッチマン

公式サイトはこちら

『ゴッド・ディーバ』のニコポルを演じていたトーマス・クレッチマンを確認する為に鑑賞。そうでもなければきっと観ることはなかったと思われる(汗)。
素直に言えば、某映画評論家が絶賛していた程の「感動大作」ではないと思う。
確かにユダヤ人迫害のリアルな描写は、「衝撃的」と言えるのかも知れないけれどもそれは単に戦争の事実に過ぎない訳で。
映画的だ、と感じたのは、唯一、主人公のピアニストがトーマス・クレッチマン演じるドイツ軍将校の前でピアノを弾いてみせるシーンで、あの将校の、大っぴらで無い感動の仕方が、それだけは胸に沁みました。
誰が可哀想ってあの将校さんが一番可哀相…なんか先日観た『ジャスティス』と同じこと言ってるような気がする(笑)。いや別にドイツ軍に肩入れしてる訳じゃないっすよ、ただドイツ軍兵士を演じる役者さんがいいんでね、ついそういう感想に(なにを言い訳してるんだろう)。
っていうかトーマス・クレッチマン。ジェリー君(ジェラルド・バトラー)以来の‘捧げ系’かもしれない…。
[PR]
by radwynn | 2004-05-06 00:33 | Movie-rental-

『ジャスティス』

原題:『HART'S WAR』
2002年/米
監督:グレゴリー・ホブリット
主演:ブルース・ウィリス
   コリン・ファレル

公式サイトはこちら

コリン・ファレル観よう〜っとかって軽ーい気持ちで借りて来たんですが。いや、戦争捕虜の話だし収容所で起きる殺人事件だし人種差別だしドイツ軍だし、苦手な方だったらどうしようかなあ〜、と思いながら。
苦手じゃ無かったです。このぐらいの重さなら、ヘコまずに観れました。これ以上重くなると、ヘコんじゃってマトモに観れないんですよ〜、戦争映画って(泣)。
ストーリィの流れのテンポが丁度良くて、話についていけないって事も無かったしダレることもなかったです。
で、感想。
後少しで戦争は終わる、それは私達には判ってる、でも彼らにはそんなことは判らないし、なによりこのままでは彼らの戦いは終わらない、終われない。狼の道を選んだ者は狼として死ぬのを選ぶ、それが凄く辛いです。
でも一番可哀相なのは収容所の所長のビッサー大佐だよなあ。彼は正しい軍人であり、正しいロマンチストだ、と思うのです。演じたマーセル・ユーレスが凄く素敵なんで、なんだか彼に肩入れして観てしまいました。あらあら。
コリン・ファレルは、彼が「おぼっちゃん」??とか思っちゃいけないんですね(笑)。でも親の七光りで階級だけが上の若造、っていう雰囲気はしっかり漂ってました。煙草の吸い方が堂に入り過ぎって気はしましたが(笑)。なんかそのへん蓮っ葉で可愛いです。
いっしょに観ていた義母にコリン・ファレルの印象を聞いたら、「眉毛」という返事でした。確かにな…
でもってあやうく最初の目的コリン・ファレルそっちのけで舞い上がってしまいそうになったのがライナス・ローチ!登場シーンからめちゃ綺麗さんでずーっと綺麗さんだった。でもってまたこれが美味しい役なんだもん〜。
[PR]
by radwynn | 2004-05-05 23:54 | Movie-rental-