<   2004年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『21グラム』

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
出演:ショーン・ペン
   ベニチオ・デル・トロ
   ナオミ・ワッツ

21グラム。人が死ぬ時に失われる重さ。この重さに、いったい何の意味があるのだろう…
事故死したドナーからの心臓の移植手術を受けた男。事故で夫と子供を失った女。2人の子供と1人の男を轢き殺してしまった男。
ぶちまけられたパズルの破片のように、彼らの現在過去未来が、画面に錯綜する。
出会うはずのない3人が、何かに引き寄せられるように、その距離を縮めていく…

一番割り喰ったのってショーン・ペンの演じた男だよなあ、って思ったんですが。
でも結局、「前向きに生きれない」人間って、悲しいし、時に残酷ですよね。
全て剥ぎ取って骨組みだけにしてしまえば、話自体は実にシンプルなんですが、絡み合う人間の感情をあまりにも丹念に描写してあって、これがまたその演技が必要以上にレベルが高いものだから、巻き込まれちゃって物凄く気分がダウンしちゃいました。感情移入、ってのもともちょっと違う、極上の演技力に巻き込まれる感覚。これは映画を観ていてある意味、至高の瞬間なんですが、こういう系統のお話だと、かなり深いとこ迄落ちちゃってけっこう辛いかもだ。
[PR]
by radwynn | 2004-06-29 17:49 | Movie

『レディ・キラーズ』

監督:コーエン兄弟
出演:トム・ハンクス

『マダムと泥棒』のリメイク。
元ネタは観てないのですが、大筋は一緒なんでしょうね。
トム・ハンクス率いる泥棒集団が、敬虔なクリスチャンのマダムの地下室を借り、「クラシック音楽の練習」とたばかって、カジノの金庫へと続くトンネルを掘る。計画は見事成功し、大金をせしめた…かに見えたがそこにはどんでん返しが。
マダムがとっても素敵(笑)。いるいるこういうおばあさん!って。古き良きアメリカの象徴、なんだろうか。頑固で自分の主事主張は曲げない。でもほんとは優しくって、世話好き。そりゃ、「俺には殺せねえよ〜」って、なっちゃいますよね、ガウェイン君(笑)。
元の映画はイギリスのだったらしいので、あの黒いユーモアはそのまんまイギリス直輸入なんだろうかなあ。
マダムは黒人で、敬虔なクリスチャン、毎日曜には教会に行くのですが、この教会でゴスペルが歌われてて、それがそのまま、映画のBGMになってるんですが、これが素晴らしかったです。サウンドトラック買おうかなあ。
トム・ハンクスの‘不快な’演技は必見。ほんとにこそばゆくなるような奴なんだよ(笑)。いかにもな作り笑顔と、やらしい(卑猥なと言う意味ではない)引き笑い。
映画としては…まあ、楽しかった、ってとこかな。
[PR]
by radwynn | 2004-06-29 17:42 | Movie

ちょっと書いてないと

あっという間に時間が過ぎ去ってるな。
えー、掃除しました(笑)
今寝室で使ってる布団は、3種類あって、一番薄い夏用のに変えたんだけど、そのついでにシーツ全部洗って、あと、なんか寝室が埃っぽいからカーテンも洗って、で、あちこち散らばってたもの(主に本)を片付けて、ってやってたら、何時の間にか夕方に(笑)おかしいなあ。

そしてAMAZONで注文してあった物が届きました。
Master&Commandorのメイキング本(海外版)と、DVD1本。
DVDは…『マスター・アンド・ウォーリアー』(笑)
なんでこれってこんな邦題つけたんだろうなあ。まあ多分M&Cのパクりなんだろうけどさあ。パッケージも帆船がどーんと真ん中にあって。歴史スペクタクル・アドベンチャー!とか呷り文句。
みなさーん、間違えないで下さいねー、これってそういうお話じゃありませんよー(笑)たしかに歴史物なんだけどさ。『宝島』のスティーブンソン原作の、どっちかってゆうと少年向けアドベンチャーです。
原題は『KIDNAPPED』、原作は「さらわれたディヴィッド」って題で翻訳されてると思います。で、話の内容も、そっちのほうがぴったりです(笑)。
TVドラマなんで、作りも少年向けだしねー。但しスコットランドの美しい風景と、衣装の素晴らしさは流石イギリス、です。キャストも、スコッツとアイリッシュ集めてるから、まさにスコットランドの18世紀、って雰囲気満点です。
で、なんでこれ、買っちゃったかっていうと、ブライアン・マカーディ君が出てるからです(笑)。だってずーっと欲しかったんだよう、ファンサイトで画像見た時から。いろいろと楽しかったです(笑)、つってもまだ前編だけなんだけど。7月になったら後編が届く予定。楽しみ楽しみ。
[PR]
by radwynn | 2004-06-29 17:24 | Diary

覚え書き

The New York Film Festival 2004 (10/1〜17)

Greyhound(長距離バス 時刻表・オンライン予約)

Apple Talks(ミュージカルチケット予約)(日本語)
[PR]
by radwynn | 2004-06-26 20:33 | Memo

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

2004年/アメリカ
監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:ダニエル・ラドクリフ
   ルパート・グリント
   エマ・ワトソン
   マギー・スミス
   アラン・リックマン
   デイヴィッド・シューリス
   ゲイリー・オールドマン
   ロビー・コルトレーン

公式サイトはこちら

ハリー・ポッターは1作目しか見て無いし原作は全然読んで無いのですが。
シリウス・ブラックってあんなにスキだらけで可愛らしい生き物でいいんでしょうか?
っていうかもう、これだからイギリス俳優ってやつはーーーー!と映画館で絶叫しかけましたさ、私は。いや、俳優だけじゃ無いんですよね、基本的に、可愛いんですよ、イギリスの男性。子供っぽい、少年っぽい、ってのともまたちょっと違う、なんというか、「可愛い」んですよ。でね、その「可愛い」のが、もう全開で、12年ぶりの再会してくれちゃうんで。しかし前から思ってたけど、スネイプさんってほんと、面倒見いいよな(笑)なんだかんだ言いながら。表に見える性格がああだからすげえ割り喰ってるけど。
ゲイリー・オールドマンにデイヴィッド・シューリスにアラン・リックマン、ってすごい豪華キャストですよね!私としてはむしろこっちの世代のお話の方に興味がありますが(笑)。
そして最強伝説も定着しつつあるジェームズ・ポッターですが、演じている役者さんはエイドリアン・ローリンズ(Adrian Rawlins)、もちろん(というべきだろうな)イギリスの俳優さんです。 1958年、3月27日スタッフォードシャー生まれ。ゲイリー・オールドマンと同い年、つか、ゲイリー・オールドマン1958年3月21日生まれだから誕生日1週間と違わない(笑)。
素顔はこちら。『奇跡の海』でお医者さんやってた人。
a0009319_11223.jpg

IMDB Adrian Rawlins

あ、そうそう、‘ナイト・バス’の車掌さん役で、リー・イングルビー君が!『マスター・アンド・コマンダー』のホラム士官候補生を演じた彼です。またすんごいコックニ−訛りで(笑)。真面目な話、彼ってすごくスタイルいいですよね。スーツとか着せても似合いそう。ちょっと貧相なところも可愛いということで(笑)。
[PR]
by radwynn | 2004-06-21 11:18 | Movie

『クリムゾン・リバー2/黙示録の天使たち』

2004年/フランス
監督:オリヴィエ・ダアン
脚本:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ
   ブノワ・マジメル
   クリストファー・リー

公式サイトはこちら

クリストファー・リーという存在自体がひとつのキャラクター(=象徴)でありえる希有な俳優を起用することで‘悪役’が成り立っているってのは映画としてどうなんですか。
前作が‘横溝正史’だったとすると今回は‘火曜サスペンス劇場’でした。ショッキングな死体よりも、‘有り得る’殺人の方が怖いんだってば。
と、まあ、ストーリィ自体はもう散々でした。っていうか、謎解きの話作るつもりなかったんだと思うな、あれ。あの回転砲台使いたかっただけなんじゃないの?
でもいいんです。すでに私にとってそんなことはどうでも。
ちょっとっ!ブノワ・マジメルってあーんなに可愛かったッけ???あの人ってこう、ちょっとにやけた優男つーか色男つーか、いわゆるおフランス〜な男じゃなかったっけ?なにあの動きは!アクション出来るとか聞いて無いよ〜!ってゆうか仕種可愛い〜!(なんかツボった模様)
ニーマンス大好き!ってもう、全開ではしゃぐレダ。シッポちぎれる程振ってるのが見えるよほんとに(笑)BGMは「I WANNA BE YOUR DOG」(ほんとなんだってば)。
ニーマンスがマリアと握手すると不貞腐れるレダ。ニーマンスがマリアと二人で小屋の捜索してると「楽しそうですね」とかヘの字口になっちゃうレダ。「まだ犬嫌いなんですか」「前回の事件の時は大変でしたね」ってニーマンスの事ならスト−カ−並に知ってるレダ。道案内してるのはマリアの筈なのに当然のようにニーマンスの助手席に居るレダ。何考えてるんだあんたたち(笑)。っていうかそれじゃほんとにヨークシャーテリアだよレダ君(笑)。
レダみたいな跳ねっ返りがニーマンスっていう警察機構内じゃちょっと異色な存在にあんだけ素直に懐くってのがなんか琴線に触れました(笑)。だからバディ物って好きなんだよ〜。ストーリィがどうであれ、もうこのバディだけで満足(笑)。
あとブノワ・マジメルの体格がツボだったかもしれない(笑)でかく無いのに跳ねっ返りで強いってのは、ねえ(笑)。
『3』では是非、マックス(ヴァンサン・カッセル)とレダ(ブノワ・マジメル)がニーマンス(ジャン・レノ)の後ろで「相棒は俺だぞ」「何言ってやがる俺だ」つってボカスカ殴り合ってるのが見たいです。ニーマンスの肩がぷるぷる震えてるの。マックス&レダ「「ニーマンス!どっちを選ぶんだ!」」ニーマンス「二人とも邪魔だ!」。そしてニーマンスが単独行動、必然的にマックスとレダがバディ、ってのも面白いかも。どつき漫才。
今気がついたんだが、脚本、リュック・ベッソンだよね。じゃあ↑の見方もあながち間違って無いよね(笑)「僕らはみんなジャン・レノが大好きなんだ〜!」
[PR]
by radwynn | 2004-06-21 10:24 | Movie

チェーンソー再び。

庭の柘植の木が伸び放題になっていたので、剪定することに。
で、今年も登場、チェーンソー!!
ワーイ。
去年は「あんたに持たせたらなんか大変なことになりそう」ってことであんまし使わせて貰えなかったんですが、今年はお許しが出て、半分くらい私が刈り込みました。
チェーンソーーー!ですよ♪楽し〜(笑)
しかしいくら小型とは言え、ギャゥィィイインつって高速で回る刃が唸ってる訳ですし、それを回す為のモーターだって半端で無く重いのです。ホールドして思う通りに操作するには、かなりの筋力を要しました。
簡単に言えば、ですね、2日前のチェーンソーのおかげで、未だに腕が痛い、ってことです。とほほ。
[PR]
by radwynn | 2004-06-18 08:23 | Diary

岡山再び

土日に実母の六一の祝いの為に帰郷。
観葉植物が欲しいと言うので、植木屋へ行く。最初はでっかいサボテン(こう、西部劇の荒野にでてきそうなやつ)がいいなあ、って言ってたんだけど、結局、ハイビスカスに落ち着く。白い花で中心だけ赤い、という、宗旦木槿のような珍しいハイビスカスで、私も気に入った。

そして今回も連れて帰ったMY PC、今回はCUPの交換とヴィデオカードの交換。連れて帰る度に成長するMY PC(笑)。これでやっとPSO BBに参戦出来る!って、時間はあるのか?(笑)

しかーし、今回の最大の収穫は!
ビリーさんの歌声が携帯に!わーいわーい!
着歌でビリーさんの(っていうかピピンの)『the steward of gondor』作ってもらったのだ!
ちょっと音量が低めなので、実際に着信を知らせるのにはむいてないんだが、そんなことはどーでもいいんだ、耳元でビリーさんの歌声が!
調子に乗って『Somewhere beyond the sea 』も作ってもらったけど、元ネタが音悪かったから大変そうだった(笑)
しかし大満足じゃよ〜
有り難う弟よ!
[PR]
by radwynn | 2004-06-15 11:50 | Diary

マスコット

a0009319_10141.jpg
我が家の庭のマスコット。
多分、3匹居て(個体確認がひじょーに難しいので、はっきりしないんだけど)、この子は一番小さい。
この美しいライン!なんとも言えない脇腹の色(写真じゃちょっと判り難いですが)!機能的な骨格と筋肉!美しく繊細でしかも鋭い指と爪!
いつまで見てても飽きないよねぇ〜
因に個体認識は、身体の大きさと脇腹の色と模様の違いで行ってます。時々、秋明菊の葉っぱの上で、のへーっと日光浴してます。かっ、可愛いっ。
[PR]
by radwynn | 2004-06-11 10:02 | Diary

トマト

a0009319_95456.jpg
で、こっちがミニトマト。
実が成ってから赤く熟れる迄がひじょーに長くかかる(ような気がする)ので、早く食べたくてやきもきします。
昨日今日と、ちょっと雨が続いてて、なんか葉っぱが枯れて来てるのがかなり心配。
胡瓜とトマトと、あとバジルを植えているので、庭で採れた野菜だけでサラダが出来ます♪
[PR]
by radwynn | 2004-06-11 09:56 | Diary