<   2004年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

バッドテイスト…

いわし博物館爆発
このニュースを聞いて…

シュールストレミング
こんなものをふと想像してしまった私は、バッドテイストな気質が有り余っているのでしょうか。
いや、これはイワシじゃ無くてニシンなんですが。

亡くなった方の御冥福をお祈り致します。
[PR]
by radwynn | 2004-07-31 17:48 | Diary

『キング・アーサーと円卓の騎士占い』

著者:ウォルター・バーグ
訳者:水井久美
出版:扶桑社文庫

ネタです(笑)
『キング・アーサー』を観た勢いで本屋に寄って(っても本来の目的は『スティーヴン&マチュリン』シリーズの新刊だったんですが)、ノベライズと一緒に並んでるの見て、「なんやこれー」って手に取って、余りの‘ハマり具合’に、本屋(○善)で腹を抱えて身を捩るという不振な動きを、K野さんを巻き込んで繰り広げました。

えーとですね、誕生日から、その人の「騎士サイン」(よーするに12人の内のどれか)を割り出し、それによって性格、恋愛、仕事、健康を占うんですが、どうやってきめるのか知らないがこの「騎士サイン割り出し表」がめちゃややこしいんだな(そんなことありません、ただ表をひけばいいだけです)。
で、割り当てられる騎士は、ランスロット、ガヴェイン、ゲレイント、ガレス、ガラハッド、ガヘリス、ボースル、ベディヴィエール、ケイ、ラモラク、パーシヴァル、トリスタン。12人の騎士、に誰を選ぶのか、は、色んな説があるので、これも一つの説なんでしょうね。

で、私で占ってみる。誕生年月日から、騎士サイン表をひくと…

続き、読みます?
[PR]
by radwynn | 2004-07-31 00:33 | Book

『キング・アーサー』

原題『KING ARTHUR』
監督:アントワン・フークア
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:クライヴ・オーウェン
   ヨアン・グリフィス
   キーラ・ナイトレイ

公式サイトはこちら

「これは、‘アーサー’と呼ばれた、ある一人の騎士の物語である」
そういううたい文句なら、全然違和感はなかったと思うな。むしろそれなら凄く良い映画だったと思う。
下手に‘アーサー王伝説’を心に置いて観に行くべきじゃない。アーサーも、ランスロットも、グウィネヴィアも、マーリンも、その名を持った別人、かつて、ブリテンという島国の何処かに生き、そして死んで行った、人間たちの物語。
映画の宣伝の仕方、間違えてると思うなあ。
‘伝説の救世主’だの‘すべての英雄は彼より生まれた’だの言うよりも、‘伝説の語らなかった真実のアーサー’とか言った方がよかったんでないの?
っていうか、まあ、あれが‘真実’でも、いろいろと困るけどな。
なんか、騎士やサクソン人の装束とか、村人の暮らしとか凄く凝ってるのに、セットが妙にちゃっちー感じだったり、もうちょっとなんとかならんかったかなあ、な感じのストーリィとか、どうにも中途半端感は拭えないんですが。とりあえず、あんだけ大きな円卓用意するんだったら、せめて円卓の騎士は12人揃えようよ(笑)。「15年戦って来て(円卓の騎士は)これだけになった」、ってちょっと減り過ぎやろ!いや、キャラ的に、というか、お話の規模的には、6人でちょうど良かったんですけどね(笑)。

まだ続きがあるんですけど、読みます?
[PR]
by radwynn | 2004-07-26 21:57 | Movie

今日は頑張った、ような気がする。

相方の伯父が、明石の‘魚ン棚’から、鱧と蛸と小鰺を買って来てくれました!
朝6時に起きて買いに行ってくれたとのこと。感謝感激。
鱧は相方の好物なのです。大きいのが1本と小振りのが2本!
で、ちゃんと店で骨切りもしてくれてあった。ほっと胸を撫で下ろす(笑)。
大きいのはみりん醤油のタレを付けて焼きものに、小振りな方は、1本を湯引きにして梅味噌で、もう1本は天婦羅に。
蛸は塩揉みして滑りを取って、さっと湯通し。ゆでだこー♪湯でたての蛸の頭の感触はなんとなーく、エッチっぽい(笑)
鰺は、小鰺と言うより豆鰺で、そのまま唐揚げにして、南蛮漬けに。
今日の夕飯は凄い豪勢でしたよ!
鱧の焼物、湯引き、天婦羅、蛸の刺身(湯通ししてあるけど、ワサビ醤油で)。
焼物は明日の分まである(笑)
南蛮漬けも、しっかり味がしみるように、明日食べる事にしました。っていうか今日はもう、鱧だけで充分!
しかし、考えてみると今日は、都合4時間程、台所に立ちっぱなしだった(笑)
義母さんは魚を捌くとか生の蛸を料理するとかいうをした事が殆ど無い(内陸部育ちなのだ)&何故か魚は私が味付けした方が旨い、ので、魚料理は私の役目なのです。
やっぱり、海育ちだと、自分でした事が無くても家でやってるの見てるから、こうするんだ、とか、「聞いて知ってる」のよりか、少しは役に立ちます(笑)。

そして何故かこういう、頑張った時に限って、サイトとかいじりたくなるんだ(笑)
『MOVIE LIST』のTOPページをごちゃごちゃといじってみました。
あんど、昨日のチャットでエリック・バナさんが話題に上がったので、彼の画像を蒐集。流れで『トロイ』の画像も蒐集(笑)。面白がってあっちこっちに画像を張り付ける。楽しい(笑)
[PR]
by radwynn | 2004-07-25 22:47 | Diary

お料理レシピ『ピリカラ鶏唐揚げ』

むちゃくちゃ簡単です。
私は骨付きが好きなので、ドラムを使います。もも肉なら適当な大きさに切って。唐揚げ用にカットされたやつなら切る手間も省けます(笑)
鶏肉をボゥルに入れて「キムチの素」を搦めます。モ○ヤのあれです。あんましどっぷり付けると揚げる時にはねると思うけど、まあそのへんは適当に。私は塩と胡椒も少しだけ振りますが、それもお好みで。
片栗粉と小麦粉を適当にボゥルに振り込み、ざっと混ぜて、揚げます。
揚がった鶏肉を、すり降ろしたにんにくとショウガで和えます。うちはにんにくもショウガも大好きなので相当な量入れますが、これもお好みで。
にんにく好きな人には堪らない良い匂いが漂いますが、恐らく、平日に食べると、翌日、出勤途中&勤務中に回りの人にイヤな顔をされる事でしょう(笑)
えっとねえ、京都にあるジャマイカ料理(?)の店『ラスタ』の唐揚げに近い味。(むちゃローカルな例えやなぁ)
[PR]
by radwynn | 2004-07-25 22:18 | Food&Recipe

お裁縫!

a0009319_21524313.jpgなーんーと、私が縫いました、このスカート!
義母さんが型紙を買って来て作ってるのを見て「私も出来るかなあ〜」って言ったら「ほんまにやりたいと思えば、なんでも出来る!」(笑)
ほんとは、この型紙は、コットンの布地用のようなのですが、持ってた布が、このジョーゼットの南国柄だけだったので(笑)これで挑戦。
その昔、フラメンコの衣装用に購入したまま、その衣装を作成する事無くお稽古を止めてしまったため、ずーーーっと眠ってたこの布、やっと日の目を見る事が出来ました。
表の布はジョーゼットなので透けるため、中にもう一枚、白い布でペチコートを付けています。都合2枚、作成した事に。頑張ったよ私!自分で自分を誉めるよ(笑)
[PR]
by radwynn | 2004-07-25 22:01 | Diary

『キング・アーサー』の…

今日から『キング・ア−サ−』封切りですね。
すっごい不安なんですが(笑)それなりに期待もしてます(笑)
土日は混むんじゃないかとふんで、来週の頭にでも観て来ようと思ってます。
あまり事前に色々入れてしまうのも面白味に欠けるので、ちらちらとあちこちのサイトさんでレヴューを流し読む程度にしているのですが、面白いなあと思うのは、どうやら評価が割れているらしい、ということ。
‘『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマー’だと思って観に行ったら‘『ブラック・ホーク・ダウン』のジェリー・ブラッカイマー’だった、というのが、評価の分かれ目なんだそうです。つまり、前者が好みの人には×、後者が好みの人には◎、な映画である、と。
ってことは私好みなんじゃありませんか?(笑)とか思ってるんですが、どうなんでしょうね。
『トロイ』に引き続き、伝説から神話性を取り除き人間のドラマを抽出したストーリィになっている訳ですが、そのへんの匙加減がどうなっているのか。まあ、主演がクライヴ・オーウェンですから、そりゃ私の大好きな『永遠の王』のアーサーでないことだけは確かですが(笑)。
しかし、チラシ見てて笑ってしまったんですが、ランスロット!あんた「命を懸けてアーサーを守る」って、いや、あんたの守るのはグウィネヴィアだったんじゃ!(笑)そーいやあ予告編でも、敵に囲まれたシーン、ランスロット「大軍だな…」グウィネヴィア「大丈夫よ。あなたには指一本触れさせないわ」アーサー「(無言)…」ってー感じでしたからな(笑)。推して知るべし(笑)。むしろキング・グウィネヴィアにレディ・アーサーな勢い。
もういっそすごい観たい(笑)苦労症のアーサー。めちゃくちゃ斬新だよね?(笑)
[PR]
by radwynn | 2004-07-24 14:43 | Movie

儂を誘惑せんでくれ…

とか言いながら、すっかり誘惑に負けてしまいました。
『DVDビデオぴあ』と『DVD&ビデオでーた』を、表紙買いしてしまいました。
だってーだってー
見てくれれば判ると思うけど、
『DVDビデオぴあ』:ガンダルフとフロド(ガン爺がフロドの肩をそっと抱いている)
『DVD&ビデオでーた』:ホビット四人揃い踏み、しかもラストの盛装バージョン!
これが入手せずにおれようか。
特に盛装ホビッツはねえ…もう、真顔で「かっこいい」とか呟いちゃいますよ。ほんと。どーなんですかあれは。いっそ‘大きい人たち’よりかっこいいぞ。
ピピンなんかもう、百人隊長並の貫禄だぞ。ついて行かせて下さい隊長!むしろファラミアさんがついて来る勢いだ。やっぱりビリーさん、アーサー王やるべきだよー。『永遠の王』のアーサーは、絶対ビリーさんだよー。
[PR]
by radwynn | 2004-07-22 08:35 | Diary

『スパイダーマン2』

原題『SPAIDER-MAN2』
2004年/アメリカ
監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア
   キルスティン・ダンスト
   アルフレッド・モリーナ
   ジェームズ・フランコ
   
公式サイトはこちら

冒頭のタイトルバックが、アメコミのアーティスト、アレック・ロスのイラストによるアートワークで、前作の粗筋を紹介するものになっていました。実は前作は観てなかったんですが、だいたいのところはこれで掴めました(笑)。

トビー・マグワイアとキルスティン・ダンストは、『青春ドラマ』が上手過ぎて、時々、この映画が『アメコミ』である事を忘れてしまいそうでした。
『ドラマ』としては素晴らしい出来の映画だと思うんですけど、なんもわざわざスパイディでやらんでも…な気もする。
トビー・マグワイアがどうもイライジャ・ウッドと被って見えて、あれー、なんかイライジャが居るー、とか、思ったシーンも。特にローズ宇宙センターでのパ−ティシーンとか、通学途中でしゃがんでて頭に人の鞄がぼこぼこ当るシーンとか、『パラサイト』のイライジャってこんなんじゃなかったっけ?って(笑)
スパイディことピーター・パーカーと、ドック・オクことドクター・オクタヴィウスの関係が只の‘正義の味方と悪人’じゃなくて実はちょっとグッと来た。役者がトビー・マグワイアとアルフレッド・モリーナなのがこういうところに生きて来てるんだなあ。
[PR]
by radwynn | 2004-07-22 08:28 | Movie

暑。

連日、気温が30℃を越えてるって、ちょっとおかしくありません?
確か数年前までは、「今日は30℃を越える猛暑です」とかってニュースで言ってませんでしたっけか?
日本はこのまま熱帯になって行くんだろうか…

あまりの暑さに、ちょっとバテ気味です。

この暑さの中、長袖のワイシャツにネクタイ、ダークスーツを着込んで会社に向かう相方が哀れでならん…通勤途中に熱中症で倒れたらどーすんねん。
だいたいスーツってイギリス生まれでしょ?あんな年中秋か春みたいな気候の国なら、そりゃスーツがちょうどいいかもしれんけど、日本の夏は亜熱帯、最近はそれも通り越して熱帯並みなんだから、夏だけでも、熱帯の国を見習ってみてはどうでしょう?ハワイみたいに開襟シャツにするとかさぁ。
義母さんは、「私らの若い頃には、サラリーマンも夏は開襟シャツ着てた」って。そーいやあ京極堂シリーズでも夏は開襟シャツだよねえ。なんで最近はスーツ着てなきゃいけないんだろうなあ。なんか変だよ日本人。
[PR]
by radwynn | 2004-07-19 21:36 | Diary