<   2005年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2005年3月英国旅行・バース

3月7日
・チェルトナム→(鉄道)→バース

いよいよチェルトナムに別れを告げ、一路バースへ。
B&Bの御主人が前日に電話で問い合わせて経路と出発時間を調べてくれていたので、チケットブースで切符を買って、今度はプラットフォーム2へ。乗り継ぎはブリストル。バーミンガムよりも乗り継ぎは楽かも。
バースの駅に着いてから、駅前の公衆電話で宿に予約を入れる。ガイドブックに、イギリス人と日本人の夫婦が経営、と書いてあったので、日本語が使えるかなー、と思ったら、丁度、「日本語は理解出来るが話せない」という従業員が電話に出たので、拙い英語で予約を試みる。とりあえず予約は出来た(笑)
で、さっそく宿に向かう…路を曲りそびれて余分に歩く(泣)。重い荷物を持っての道程はけっこうしんどかったです。
バースの宿泊に選んだのは、KORYU、というB&B。コウリュウ?って思ってたら、看板に漢字で‘光流’と書いてあった。
取り敢えず荷物を置いて、早速、バースの街に繰り出す。


宿からバースの中心へ向かう道すがらの橋の上から、パルトニー橋を背景に。
背後の丘の斜面に、バースの市街は延々と広がってます。

ジョージ王朝時代に建てられた半円形の優美な建物、ロイヤル・クレセント。お金持ちの集合住宅。今は真ん中辺がホテルになっていて、1番館は当時の生活を伝える博物館で、コスチュームを着たスタッフが居る、んだって。…いや、実は博物館、行って無い。行けばよかったかなあ。
写真は真ん中辺でつなぎ合わせたので微妙にズレが生じてますが、まあ、気にしないで下さい。

バース寺院。
西側正面に描かれた梯子は、‘天国の梯子’。天使が昇り降りしてるのが、見えるかなあ。

この広場は、ローマン・バス博物館とバース寺院西正面に面した場所で、観光バスが到着すると人でごった返します。時間がやや早かったので、今は静か。

超有名観光地、ローマン・バス。お風呂の意味の英語の語源、って、もう耳にタコ?
しかし、ここは一見の価値はあり、ですよ。当時の人々の様子まで伺い知れる展示は観光地とは思えない充実ぶり。日本語音声ガイドがあるのも嬉しい。

ローマン・バス博物館のミュージアムショップで購入したガイドブックをぱらぱら捲っていたら‘バースで一番古いパン屋さん「サリー・ランズ」’なるものの存在を知る。食事もできるらしい。さんざん歩き回って、そろそろお腹も空いたので(毎日、大量のイングリッシュブレックファストを食しているので、お昼もかなり遅くならないとお腹が空かないのですよ…)ここらで何か食べよう。ってことで、そっちに向かう…も、どうも地図にある場所に店が無い…と思ったら、入り口が裏通りの方にあった…。回り込んでみてよかった。
スモークサーモンサンド(…スコットランド産、とか書いてあったから選んだ…ってワケジャナイヨ!ゴラム、ゴラム!)と名物‘サリー・ランズ・クリーム・ティ’を注文すると、ウェイトレスのお姉さんが、しきりに「一緒に持って来てもいいの?」って聞く。「シェアしたいから一緒に持って来てくれていいよ」と言っても、「冷たいもの(サンドイッチ)と温かいもの(クリームティ)を一緒に持って来てもいいの?」と、親切にも気を使ってくれる。でもいいんです、一緒に食べるから、って重ねて言うと、不思議そうな様子ながらも納得した模様。イギリスの人は、冷たいものを食べてから、温かいもの、って、ちゃんと分けて食べるんですねー。
パンはふんわりやわらか焼き立てで、美味しかったです!クロテッドクリームも美味しかった〜
もちろんサーモンも美味しかった〜(笑)

レイル・ステーションちかくの教会。特に観光ポイントと言う訳では無いんだけれど、街の中全部が見所と言えるかも知れない。こんな建物がひしめいてます。
レイル・ステーションの前には2件のネットカフェ(カフェっていうかネットポイントっていうか)があって、私は駅から遠い方に入ったんですが、何故かここのキューバ系っぽい黒人のにいちゃんに気に入られて(笑)バースから出発する朝に、店の前を通ったら手を降って見送ってくれました。


バースの宿、B&BKORYU
お部屋の内装は、正直言って、今回の旅で宿泊した宿の中ではいまひとつ、でしたが、シャワー、トイレは付いてますし、ティー・ファシリティーも整ってるし、お部屋は寝る場所、と割り切れば、その狭さも丁度いいかも。この部屋で£55でした。
朝食をいただくダイニングは、お部屋にくらべるととってもゴージャスでした。シリアル、ヨーグルト、フルーツはセルフで取り放題、イングリッシュブレックファストの内容も、食べたいものだけ選べるシステムなので、体調によって調節出来るのは有り難かったです。義母の「ベオクドビーンズが一匙だけ食べたい」という注文にも応えてくれ、「もっと欲しい時は言ってね、また持って来ます」と言ってくれた。
夕食も、注文しておくと£10で作ってくれるらしいです。

KORYUのエントランス。
この通りはB&B通りで、KORYUの両側もB&B、向いの3件もB&Bでした。



バースは、実は水の都、って言えるかも知れない。温泉の街でもあるし、エイヴォン河にぐるりと囲まれているし。
そして、ちょっと気取った田舎の貴族の奥方のような街、です。
[PR]
by radwynn | 2005-03-19 23:15 | Travel

2005年3月英国旅行・オックスフォード

3月6日
・チェルトナム→(鉄道/往復)→オックスフォード

今日は義母と別行動。
義母はB&Bのオーナー御夫妻と、コッツウォルズの小さな村へトレッキングへ。
イギリスには‘通行権’という制度があり、公共の場所のみならず私有地でも、‘フットパス’という自由に通行していい路が設けてある。まあ、路っていっても、田園地帯じゃあほとんど路無き路、なんだけど。
とにかくその路を歩くのが、イギリスの人は大好きらしい。オーナー御夫妻も、日曜日には宿泊客や英会話の生徒さんと一緒に、よくトレッキングに行くらしく、今回も誘って下さったのです。丁度私はAおせさんとオックスフォードに行く予定だったので、義母だけ御一緒させて頂く事に。
で、私とAおせさんは予定通りオックスフォードへ。
出かける前、何故か在住の方々(オーナー夫妻やホストファミリーの皆さん)は皆口を揃えて「大丈夫?本当に行って帰って来れる?」と、ひどく心配して下さいました。英国の鉄道はそんなに信用がないのか(笑)
どうやらこのあたりの人は鉄道よりバスをメインで生活してらっしゃるようです。っていうか、たいていの家には車があるしね。
皆さんの心配を背に(笑)「無理そうだったらチェルトナムの街で遊びます〜」などと言いながらレイル・ステーションヘ。時刻表を解読しようと試みるもなんとも難解な表示方法にさっさと諦め、チケット売り場で聞く事に。すると意外にも簡単に行ける事が判明。バーミンガムで乗り換えて3時間程で行けるとのこと、早速チケットを往復で購入…£21。高いけどしゃーないわ、今日(日曜日)バスないねんもん。それにヴァージントレインの便だから車両も綺麗だしね。
プラットフォーム1、と言われて向かうと、丁度私たちの乗る便のインフォメーションがモニターに。…え、この便(チェルトナム→バーミンガムに利用する便)、終点、グ、グラスゴーなの?!…変なところでおかしな動揺をする私(笑)。一緒に居たのがAおせさんでよかった(笑)
行きはほんとにスムーズに事が運び、なんと予定より早く到着!嘘みたい。ヴァージントレイン礼讃!とか言ってたら帰りは盛大に遅れやがりましたが。
とにかく、帰りのタイムテーブルもチェックして(これもチケットブースの人に聞いた。けっこう親切に教えてくれたよ)、街に繰り出す。
…取り敢えず食事(ホビットお腹空くと動けないよ)。
トールキン教授も通っていたというパブ『イーグル&チャイルド』(なんて意味深なネーミングだ…)でパブランチ。本日のスープとサンドイッチ。
で、この時、「席を捜してるなら隣にどうぞ」と言ってくれたおじさまが話しかけてくれて、我々が「トールキン教授のお墓に行くつもりだ」と言うと、「それはちょっと遠いから今から行くと街を観光する時間がなくなるよ。これから街を観光するなら、私は今日は暇だから案内してあげよう」とのこと。Aおせさんとしばし協議の結果(つーか「どうする?」「いいんじゃないですか?」で決り)、彼に街を案内してもらう事に決定。…うーん、今回も教授のお墓参りには行けなかった…
フィリップ、と名乗る彼はとにかくオックスフォードの街の事を隅から隅まで知っている様子で、しかも次々と色々な興味深い話をしてくれる。…もうちょっと英語力あったらもっと細かいところまで判って面白かったかも…まあ、我々の英語レベルにあわせて喋ってくれてはいたんだけどね…
観光客の殆ど居ない小路や川岸のとても素晴らしい景色を案内してもらった。…世の中には奇特な人がいるもんだなあ。

マ−トン・カレッジ(ト−ルキン教授が教鞭をとったカレッジ)にて、フィリップさんと。

クライスト・チャ−チ・カレッジの中庭。ここは観光客は入れない。壁の間の格子戸からカメラを突っ込んで撮影。デジカメだとこういう撮り方できるから便利。

オルドゲーツ・ストリートの門から見るクライスト・チャーチ・カレッジ。ここの食堂に向かう大階段は、『ハリー・ポッター』でホグワーツの食堂への階段のシーンのロケ地。またその食堂も、まさに『ハリー・ポッター』の世界。っていうか、ここが元。今も学生たちのブレックファスト・ルームとして使用されているそうで、普通にメニューとか張り出してあってなんかカルチャー・ショック、というかカルチャー・ギャップ?
[PR]
by radwynn | 2005-03-19 12:28 | Travel

2005年3月英国旅行・グロースター

3月5日
・チェルトナム→(バス/往復)→グロースター

チェルトナム・コーチ・ステーションでAおせさんと待ち合わせ。異国の地での再会に盛大にハグして喜びを身体で表現(笑)。
Hige St.のショッピングモールBeechwood Shopping Centre1階(イギリス風に言えばG(グランド)フロア)のカフェ・ジャンレノで、どでかいコーヒーカップになみなみと注がれたコーヒーに唖然としつつすすりながら、本日の予定をたてる。
っていうかいきあたりばったりに「じゃグロースター行こっか」って事に決る。
路線バスで1時間程で行けて、しかもグロースターは終点なのでちゃんとバスの行き先表示が「Gloucester」ってなってるから判り易いし乗り過ごす心配も無い!ということで即決定。便利便利。


グロースターのバス・ステーションからちょっと歩くと、グロースター大聖堂に辿り着きます。

この日は、雨がパラついたかと思ったら晴れ、と思ったらまた雨が、っていう、イギリスらしい天気でしたが、この時は急に陽がさしてきて、写真で見ると逆光で‘光溢れる中庭’になってしまった。あの陰鬱な雰囲気はどこへ?(笑)

そしてこれが、かの『ハリー・ポッター』の撮影に使われた回廊。
この写真、とても綺麗に撮れていますが、実物はこの何十倍何百倍も美しいので、ライティングのタイミングさえ良ければ、誰がシャッターを切ってもこんな感じに写るでしょう。
本当に、美しい回廊でした。空気自体が綺羅綺羅って音がしているような気配。もちろん、とっても静かなんですが。

ステンドグラスは、綺麗!と思って撮っても、思ったようには写らないものですねえ…
なんとなくでもいいから雰囲気が伝われば…

お昼を食べに入ったパブの、パブ・フード。
真ん中がジャケット・ポテト:蒸かしたジャガイモにバターと具をのせたもの。ジャガイモは私のげんこつを両手あわせたくらいの大きさです…。この具はツナ。ほんとは煮豆のがよかったんだけど、ここのパブには無かった。
右(っていうか上か)がベーコン・レタス・トマトサンド。山盛りのフライドポテト(イギリス風に言えばチップス)付き。
左がオムレツ、これまた山盛りのチップス付き。
…芋しか喰わんのかー!(「うん」って返事が聞こえそうだ)

で、ここが、上記の料理を食べたパブ。写真に写っている部屋とは別に右の方にもう一部屋あるので、けっこう広い。
え?料理の味?…イギリスで料理の味を聞くな(笑)
えーっとね、とっても平均的な味でした。まずく無いけど、取り立てて美味しいってことも無い、って感じ。イギリスのパブならこれで普通でしょう。
芋は、どうやら芋自体が美味しいらしくてどこでどの形態の芋を食べてもそれなりに食べれた(笑)


グロースター・ドック(案内表示には‘Historical Docks’とか書いてあった)は、19世紀に栄えた港を再開発した場所だそうで、倉庫を改装したレストランや博物館、オフィスビル、マンションなどが、小さな港を囲んでぽつぽつと建ってます。
その中の一つ、アンティーク・センターに入ってみました。
5階建ての倉庫の中は小さな部屋に区切られて、各々の部屋が、ストールとして貸し出しされているようです。小さな小さな、各々趣向の異なった様々なジャンルのアンティークの品々を扱う店が、ぎっしり!
ぬいぐるみ、食器、家具、おもちゃ、古本、切手・ハガキ、レコード・CD、銀器、敷物、アクセサリー、生活雑貨、なんじゃこりゃ、ゴミ寸前…正にピンキリ。
へたしたら1日ここにいても厭きないかも(汗)

グロースターの街から、大聖堂の塔をのぞむ。観光客もそこそこ多く、落ち着きと活気がちょうど良く混じりあった街でした。
[PR]
by radwynn | 2005-03-18 23:39 | Travel

2005年3月英国旅行・チェルトナム

3月4日
・ヒースロー空港→(NationalExpress長距離バス)→チェルトナム

ヒースロー空港のセントラル・バス・ステーション、6番乗り場からチェルトナム行のバス(NX412)に乗車。ネットで予約を入れておいたのでEチケット(予約内容をプリントアウトしたもの)を運転手に見せて、荷物を預け、座席に着く。
乗車予定は約2時間。途中までは快適だったが(っていうか寝てたし)「この先道が混んでいるのでルートを変える」とかいうようなアナウンスの後、どうやら運ちゃん、道を間違えたらしい。バスが通れないような細い田舎道に突っ込んで、えらい勢いでバック&ターンをかます。オイオイにいちゃん、これ大型バスやで!その後も正しい道に出るまで凄いスピードでぐるぐる走り回って、私ゃすっかり酔いました(泣)。
チェルトナム着は夜7時半の筈だったんですが、着いたのは、9時近かった…
宿の御主人にお迎えに来てもらってて、ほんとによかった。
大分長い間待ってもらった事になるが、御主人は「金曜日は何時も道が混雑して大変なんですよ」と言って慰めてくれた。


チェルトナムでお世話になった宿、STEYNE CROSS
チェルトナム・コーチ(バス)・ステーションと、レイル・ステーションの丁度中間あたりにあるので、慣れるととっても便利なんだけど、最初はちょっと道がわかりにくいかも。街の中心まで徒歩15分ほど。

内装はかわいらしい雰囲気にまとめられています。
私たちが宿泊したのはツインの部屋で、シャワー・トイレ付き。
ポットやカップ、紅茶・コーヒーなどのティー・ファシリティと、お皿の上にクッキーが。疲れて到着したので、とってもありがたかったです。
宿の前。
ほんとに普通のお宅なんですよ。看板もちっちゃく付いてるだけだし、イギリスの人たちって、自分の家に勝手に名前付けて(日本で言えば‘〜庵’みたいな感覚かなぁ)ドアのところに書いてあるところも多いので、見落としてしまいそうです。
宿に泊まった、というより、知り合いのお宅にお邪魔させてもらった、っていう感覚。

これが部屋の窓からの眺め。周りはほんとに住宅街。
写真ではちょっと見え難いけど、遠くに広がる景色はイギリスの田舎、って感じで、なかなか寛げました。

両端がオーナー御夫妻。
因に真ん中は義母。
御主人は英会話の個人レッスンもしているそうで、宿泊客にもこまめに話しかけて下さいます。
写真はダイニングなんですが、朝食はここでオーナー御夫妻や他の宿泊客の方と一緒にいただきます。宿泊した3日のうち、最初は香港からのお客様(御主人の友人だそう)、次の日はバースの学校に通っているという日本人の女の子が一緒でした。なんだか大家族のようで楽しかったです。
私たちはイングリッシュブレックファストをいただきましたが、日本食も用意してくださるそうです。

宿の近くのサイクリングロード(犬の散歩道に使っている人の方が多かったけど)で見掛けたリス。なんかかなりでかいの。小さな猫くらいありそう。この2匹は喧嘩してました。
[PR]
by radwynn | 2005-03-18 21:25 | Travel

洗濯日和♪

今日(3月16日)はとってもいいお天気で、洗濯日和でした。
旅行時の洗濯物と、家で御留守番していた相方の洗濯物(自分で洗濯したらしく、思ったより少なかった)をぜーんぶ洗濯して、ほんとに大洗濯でした。
棹一杯に満艦飾。普段はたたんで置いてある組み立て式の物干まで総動員しました。
でも1日で乾いてほんとによかったー。

旅行の写真を見ながら行程や思い出を義母と一緒にメモ書きしてたら、何時の間にか時間が(笑)
ぽつぽつ纏めて、UPしていきたいと思います。
[PR]
by radwynn | 2005-03-17 00:21 | Diary

帰宅

ヒースローに着いたら、飛行機が4時間遅れになってた…
まあ、機体整備不良のまま飛ばれるよりいいけどね…
で、本日22時ごろにようやく帰宅いたしましたー
明日は大洗濯だ(笑)
ということで、今日はもう寝ます。
[PR]
by radwynn | 2005-03-15 23:24 | Travel

LONDON 今日でお別れ

只今、LONDONは3月14日の3時半過ぎなんですが。
昨日、今日、と、LONDONでは何か行事があったんでしょうか。(TVとかちゃんと見てないのでわからない。「ジェリーがCMに!」とか言ってる間にちゃんとニュース見ろ、っての)
昨日はトラファルガー広場の噴水が緑色に染まってたし、今日はウエストミンスター寺院に入れませんでした。警官一杯だったんでなにか行事だとは思うんですが。
で、今日はグリニッジに行って子午線を跨いできました(笑)。お決まりとはいえやっぱやらないとな(笑)。

えー、『オペラ座の怪人』は…
え?あれ?こ、これだと映画の方が?…あわわ。っていうか、やっぱりミュージカルっていう表現形態を考えると、こうなるのかなーとは思うんだけど。
ミュージカル観てから映画、だと、映画の方が不自然さがないわ、とか思えるのかもしれないんだけど、やっぱり歌ってるからなあ。
まあ、ハーマジェスティ劇場の天井桟敷で観劇、っていう、それだけでももう我々、舞い上がってたんですが。

ということで、これで今回のイギリス旅行、全行程終了です。
これからヒースローエクスプレス乗って空港まで行きます。
さらば、LONDON。

…なんだか。「LONDONならいつでも来れるや」って思っちゃってるのは、ないしょ。
[PR]
by radwynn | 2005-03-15 00:44 | Travel

LONDONその2

今日はポートベローマーケットに行ってきました。
『ノッティングヒルの恋人』(だっけ?タイトルあってる?)で有名になったマーケットです。アンティークの店と生活雑貨や食品の店がごちゃっと並んでて面白い場所。
朝早くに行けば空いていいんですが、10時過ぎから昼前になると観光客が大挙して押し寄せる恐ろしい場所になります(笑)
義母さんが銀食器のアンティークショップで、サービス用のスプーンとフォークのセットを購入。£12だった。まあまあかな。とってもきれいな細工がしてあるの。
「ポートベローでお買い物~」とかって盛り上がってしまいました。
12時に、チェルトナムからやってきたAおせさん(いちおう伏せ字)と合流。
昼食は中華料理で、久々に米を食べる。
でもってハーマジェスティシアターに行き、今晩の『オペラ座の怪人』のチケットを購入(チケットセンターには今日は『オペラ座~』は出てなかったんで、直接劇場に行って買ったの)。
その後、オタクのお店巡り(笑)。初めてフォービドゥンプラネットに入ったよ(笑)

ではでは、今晩の観劇に備えて、いったんホテルに戻ります~
[PR]
by radwynn | 2005-03-13 00:30 | Travel

LONDON!

現在ロンドンです。やっと日本語使えるネットカフェだー。
旅は順調で、ぜんぜん雨にも降られていません。むちゃくちゃ寒いこともなく、快適です。信じられん(笑)
チェルトナムで友人に会って、オックスフォードにも行きましたし、バースからグラストンベリーにも行きました!で、昨日はソールズベリーからストーンヘンジにも行きました。一応行きたかったところは制覇。コーンウォールは…また今度にとっておこう(笑)
いろいろ書きたいことはあるんだけれど、書き出したらきりがないんでまた今度!

P.S.
KAYOへ。
チェルトナムの宿に着いたらいきなりラジオからデュランデュランが!(笑)
その後、ソールズベリーの宿でも、ラジオからボーイ・ジョージが流れてました。
なんか、そういうチャンネルがあるらしいです。
一応、報告。(笑)
[PR]
by radwynn | 2005-03-11 00:38 | Travel

いってきまーす

本日正午12時のJALに乗ります♪
いってまいりまーす
[PR]
by radwynn | 2005-03-04 07:03 | Travel