不思議の国イギリス

ぼけーっとTV観てたら、こんなことがあったらしいです、バッキンガム宮殿。
ちょっと太めのバットマンが妙に可愛い。っていうか大丈夫なのかバッキンガム(笑)。こちらによるとロビンは捕まったらしい。
どうも、なんというか、「すわっ」っと言う感じじゃなくてほのぼのしてしまう感じが漂うのはやっぱりそれがイギリスだからでしょうか。
しかしこのバットマン、「離婚した父親が子どもに会う権利を訴える団体」のパフォーマンスだっつーんだけど、おとっつぁん、そんなことやってっから子供に会わせて貰えない、とかそーゆうことは…。そーいや『フル・モンティ』でも親権欲しさに金を工面する為ストリップやるんだったっけ。イギリスのおとっつぁんって…

そして再びチャンネルをザッピングしてて、格闘技の特集やってる番組で見つけました、その名も「スコティッシュ・バックホールド・レスリング」。スコットランドに存在する、ヨーロッパ最強のレスリング、なんだそうです。紀元200年ごろから既にその存在が確認されており、石碑などにも競技の様子が残されているそうです。すげー。
互いに対戦相手の身体に腕を回し相手の背中でがっちりと手を組んでホールドした体勢から試合が始まります。試合中にこの手が離れてしまったら負け。相撲でまわしが外れるみたいなものでしょうかね。もちろん、背中が地面に着いたら負け。土俵のような囲いは無し。技は投げ技から足技まで実に多彩。
日本の相撲に似た技もある、と言う事で‘技のデパート’舞の海が8年連続チャンピオンに君臨する男に挑戦する!とかってスコットランドに向かうのですが。
到着したのは…グラスゴー!(笑)スコットランド最強(ってことは言うまでも無くイギリス最強)、そしてヨーロッパ最強の男はグラスゴーに居たのだ!(笑)恐るべしグラスゴー。ってかやっぱりそうなんだグラスゴー(笑)。
もうね、私の中のグラスゴーの印象は既にコッチの方向で固まりきってますけどね、きっと間違って無いと思うよ。っていうかきっとまだ私の想像の上を行くに違い無いぞ、グラスゴー。
で、その男‘ビッグ・ラブ’(愛称っすよもちろん)、すげー巨漢だがいかにも使えそうな筋肉にがっちりと包まれた身体にスキンヘッドで無精髭、かっこいいぜ!舞の海を子供をあやすように軽々と振り回してました。舞の海曰く「あんなパワーの人間と組合ったのは初めてだ」だそうです。そういう男どもがね、キルトで相撲(レスリングだってば)とってるのよ〜。やっぱりいいなあスコットランド。
[PR]
by radwynn | 2004-09-14 22:11 | Trivia-Britain-
<< コナン・ドイル週間? 台風見舞い >>