『キング・アーサーと円卓の騎士占い』

著者:ウォルター・バーグ
訳者:水井久美
出版:扶桑社文庫

ネタです(笑)
『キング・アーサー』を観た勢いで本屋に寄って(っても本来の目的は『スティーヴン&マチュリン』シリーズの新刊だったんですが)、ノベライズと一緒に並んでるの見て、「なんやこれー」って手に取って、余りの‘ハマり具合’に、本屋(○善)で腹を抱えて身を捩るという不振な動きを、K野さんを巻き込んで繰り広げました。

えーとですね、誕生日から、その人の「騎士サイン」(よーするに12人の内のどれか)を割り出し、それによって性格、恋愛、仕事、健康を占うんですが、どうやってきめるのか知らないがこの「騎士サイン割り出し表」がめちゃややこしいんだな(そんなことありません、ただ表をひけばいいだけです)。
で、割り当てられる騎士は、ランスロット、ガヴェイン、ゲレイント、ガレス、ガラハッド、ガヘリス、ボースル、ベディヴィエール、ケイ、ラモラク、パーシヴァル、トリスタン。12人の騎士、に誰を選ぶのか、は、色んな説があるので、これも一つの説なんでしょうね。

で、私で占ってみる。誕生年月日から、騎士サイン表をひくと…



『ゲレイント』。って知らんやんそんな騎士(笑)。
守護神はマーリン(守護神はマーリンとアーサーの2タイプあって、それによって同じ騎士でも性質が変わるらしい。大雑把に言うと、アーサーは光、マーリンは蔭)。
守護星は…フォルトゥナ?なんやそれ?他の騎士が火星とか木星とか太陽とか普通の惑星なのに、なぜかゲレイント(フォルトゥナ)とパーシヴァル(キロン)だけ分け判らん名前が並んでる。フォルトゥナが何かと言うと結局は太陽・月・地球の造り出すエネルギー・ポイント、ってそれ星とちゃうやん!(因にキロンは彗星の事のようですので、‘星’じゃないのはゲレイントだけ(笑))。で、このフォルトゥナに守られていると言う事は、ありのままでエネルギッシュな表現をすることに影響を与え、楽しみを愛する人間になるそうだ。まずここで爆笑。
そして性格の長所と短所。もう、腹抱えて笑った。
目的の為なら何でもでき、うぬぼれやで独断的で、怒ると過激で破壊的、無意識に人を傷つけ、見せびらかす事が大好きな性格で、理性より感情が支配しているので現実を良く見る事が大事なんだそうだ。
当り過ぎだ!もう、見出し並べただけで恐ろしい程に的を射ている!(笑)
良い事も書いてありましたよ、周りの人を見放さない誠実さ、とか、リーダーになる素質を持つ、とか、本質的に純真で高潔、とか。でも、「本質的に純真で高潔」の項目の本文の書き出しは、「時にあなたを裏切る友人がいて、その裏切りや不誠実さに直面すると、あなたはその友人の横面を張り倒す事でしょう」。爆笑。
あ、因に、このゲレイントと最も相性の良いのは「ガヴェインかガレス」だそうです。この2人は、ゲレイントのファンタジックな考え方を見抜いて、合理的で無い部分を分析して見分けてくれるんだそうです。
この2つの騎士サインとは、愛情・結婚・友情・信頼・セックス共に最高値です。
もう結婚するしか無いよ、k野さん(騎士サイン「ガレス」)(笑)。
あ、健康面では、自分の身体が判って無いそうです(笑)。
[PR]
by radwynn | 2004-07-31 00:33 | Book
<< バッドテイスト… 『キング・アーサー』 >>